日本ハム・根本が自己最長8回途中2失点 今季3敗目も19歳が成長示す好投

2

2022年08月16日 21:44  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真日本ハム・根本悠楓 (C)Kyodo News
日本ハム・根本悠楓 (C)Kyodo News
● 日本ハム 1 − 2 楽天 ○
<17回戦・札幌ドーム>

 日本ハムの高卒2年目サウスポー・根本悠楓投手(19)が16日、プロ入り後最長となる8回途中2失点と好投。打線の援護が乏しく今季3敗目(2勝)を喫したが、本拠地ファンの前で成長した姿を披露した。

 根本は立ち上がりからキレあるストレートとスライダーのコンビネーションを軸に、スコアボードにゼロを並べる上々の立ち上がり。1点リードの4回に二・三塁のピンチを招き、太田光に逆転の適時二塁打を許してしまったが、5回以降は時折り投げるスローカーブとチェンジアップも効果的に決まり、わずか1安打ピッチング。球数が100球を超えたこともあり、8回の先頭打者を打ち取ったところでお役御免となった。

 則本昂大との投げ合いで、7回1/3(105球)を6安打2失点、無四球4三振と堂々たる投球内容。打線が初回の1点止まりに終わったこともあり、チームを勝利に導くことはできなかったが、球数・イニングともに自己最多を更新するなど、登板毎に成長した姿を見せている。

このニュースに関するつぶやき

  • 加藤投手に次ぐ計算の立つ左投手になって来ましたね、まだ10代で則本投手と遜色ない投球が出来るのは凄いですね。打線も松本選手が結構早く戻って来たり、また明日からですね。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定