夏の帰省、妻たちが「義実家、大嫌い!」と憤るワケ…私を“好きじゃない”と公言する義母の嫌味電話

1

2022年08月16日 22:11  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真お盆のシーズンになると、機嫌が悪い妻たちは少なくない。叫びたくなるほど「義実家が嫌い!」というふたりの女性に、その理由を語ってもらった。
お盆のシーズンになると、機嫌が悪い妻たちは少なくない。叫びたくなるほど「義実家が嫌い!」というふたりの女性に、その理由を語ってもらった。
結婚は両性の合意のみに基づいているが、一般的に、そこに相手の家族とのつきあいがついてきてしまうのはやむを得ない。どうしてもつきあいたくないなら、最初から「互いの家族とはいっさいつきあわない」と協議してから結婚したほうが後々、諍いにならずにすむだろう。だが、なかなかそうはいかないものだ。

めんどうな義実家

自宅が妻の実家に近いため、お盆と正月は夫の実家に行くことが暗黙のルールになっていたと言うのは、アヤカさん(40歳)だ。結婚して9年、7歳と4歳の子を共働きで育てている。

「ふだんは私の実家が子どものめんどうを見てくれるので、両親も『お盆やお正月はなるべくあちらの実家に行ってあげなさい。孫の顔も見たいだろうから』と言うんです。私は正直言って、最初から夫の実家はあまり好きじゃなくて」

アヤカさんはそう言って肩をすくめて笑った。孫のめんどうは見ても、夫婦の関係にはいっさい口をはさまない自分の親に比べて、夫の両親や親戚は人がいいのはわかるが、土足で踏み込んでくるところがある。

夫曰く「人との距離感が近いんだよ」というが、それが必ずしも親近感を覚える要因にはならないことをわかってくれていない。

「最近では子どもを使って、あれこれ聞き出すんですよね。お父さんとお母さんは仲がいいのか、ふだんは何を食べているのか、あっちのおじいちゃんおばあちゃんは、どんなことを言うのか、などなど。それを聞いてどうするのかと思うんですが、何か気になるんでしょうかね」

実両親とは日常的に会っているが、子どもの教育や夫婦関係にはいっさい口を出さないでと最初から言ってあるし、そういう話をする両親でもない。

「そもそも、それほど遠いわけでもないのにお盆と正月しか来ないというのもおもしろくないんでしょうね。義父母にとって孫はうちの子たちだけ。夫には弟妹がいますが、弟は長く同棲している女性がいるけど結婚はしない、子どももいらないと言っている。

妹は学生時代から外国暮らしで、結婚離婚を繰り返して子どもはいない。だからうちの子たちともっと親しくしたいのだと思う。それはわかりますけど、今年のお正月に義実家から帰るなり、上の子が『パパとママはもうひとり子どもがほしいの?』と言い出した。

どうやら義父母に入れ知恵されたみたい。聞いてみなさいって。そういうことを言われるのが嫌なんですよね」

なんともいえない嫌悪感を覚えたとアヤカさんは言う。さらには夫の私服のセンスが悪いとか、子どもたちの言葉遣いが大人びていてよろしくないとか。

「めんどくさいと叫びたくなることばかりです」

だからこの夏は帰省をやめた。理由はコロナだ。第7波がおさまるまでは、と夫から言ってもらった。

「おかげでとっても気楽な夏休みを過ごしています」

アヤカさんの声が弾んでいた。

夫と孫だけ帰ってくればいいという義母

帰省したくはないが、「来なくていい」と言われるのもモヤモヤすると言うのは、ナミさん(39歳)だ。結婚して5年、3歳のひとり息子がいる。息子が生まれたとき、「あなたのことは好きじゃないけど、よくやったと言ってあげる」と義母に言われてから、ずっと苦手意識が抜けない。

「コロナ禍であまり帰省はしていませんが、この夏はどうしても帰ってこいって言ってると夫が困り果てたように言うので、私も覚悟を決めたんです。

そうしたら私に直接、義母から電話がかかってきて、『ナミさんは仕事が忙しいんでしょう? 大丈夫よ、息子と孫だけ来てくれればいいので。あなたもひとりで羽を伸ばしたらいいわ。ね、いい考えでしょ』と言われました。

そうですね、そうしましょうと答えたし、確かにホッとしたんですが、来なくていいと言われるのはおもしろくはないですね」

夫に言うと「渡りに船、よかったじゃん」とノーテンキな答えが返ってきた。確かにそうだけど、それでいいのと夫につい絡んでしまった。

「夫には妹がいますが、結婚して遠方にいます。最終的に親をどうするかは私たちにかかってくると思う。私を大事にしておかないとあとが怖いよと夫を少し脅してしまいました」

夫婦の間にはそういう駆け引きも必要だと思うと彼女は言う。夫は少し嫌な顔をしながら、息子を連れて実家へ行った。

「無事に到着したと夫から連絡がありました。その後、義母から『あらあ、あなたも来ればよかったのに』と電話がきたんです。来るなと言っておいてどういう気持ちで、ああいう電話をかけてくるのか……。苦手意識はますます募りますね。

最近、義父の体調がいまひとつだと聞いていますが、本当に具合が悪くなったとき泣きつかれても、私は彼らのために動くつもりはありません。

そのことを機会を見て夫に言っておかなければと思っていますが、こういうことを言うとそのつど、夫婦間に亀裂が入っていくのがわかる。夫とは仲良くしたいけど義実家は本当に嫌い。どうしたらいいのか」

「嫌い」に込めた力が、彼女の本音を物語っていた。

亀山 早苗プロフィール

フリーライター。明治大学文学部卒業。男女の人間模様を中心に20年以上にわたって取材を重ね、女性の生き方についての問題提起を続けている。恋愛や結婚・離婚、性の問題、貧困、ひきこもりなど幅広く執筆。趣味はくまモンの追っかけ、落語、歌舞伎など古典芸能鑑賞。
(文:亀山 早苗(恋愛ガイド))

このニュースに関するつぶやき

  • でもお前ら、交際や結婚に際しては、男性に、自分の実親に必要以上に頭下げさせんだろ?一生幸せにすると誓います!とかよ🤣お互い様だよ我慢したら🤣
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定