SUMIRE、9月開始『階段下のゴッホ』でドラマ初主演 東京藝大目指す“高収入バリキャリ女子”役

0

2022年08月17日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真TBS 深夜ドラマ枠「ドラマストリーム」4作目『階段下のゴッホ』主演を務めるSUMIRE (C)「階段下のゴッホ」製作委員会
TBS 深夜ドラマ枠「ドラマストリーム」4作目『階段下のゴッホ』主演を務めるSUMIRE (C)「階段下のゴッホ」製作委員会
 俳優・モデルのSUMIREが、TBSの深夜ドラマ『階段下のゴッホ』(9月20日スタート、毎週火曜 深0:58)で主演を務めることが17日、発表された。SUMIREはドラマ初主演となり、大役への不安を明かしながらも「観てくださる方々に共感していただけるような、一緒に楽しめる作品作りをするぞ」と張り切っている。

【写真】ハグし合うChara&SUMIRE

 SUMIREは、2014年から現在までファッション雑誌『装苑』の専属モデルを務め、21年公開の映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』ではキーパーソンとなるバーテンダー役で存在感を示した。俳優としての次なるステップとして、現在『パパとムスメの7日間』が好評放送中のTBS深夜ドラマ「ドラマストリーム」枠で初主演を飾る。

 同枠4作目となる『階段下のゴッホ』は、大手化粧品メーカーに務め、美人・勤勉・成績優秀、年収1000万円超を稼ぐ30歳“高収入バリキャリ女子”鏑木都(SUMIRE)が、ある絵画に出会ったことから画家になろうと東京藝術大学を目指すストーリー。入学した美術予備校で“ザ・才能の塊”な6歳下の青年と出会うが、青年はなんと藝大を目指し六浪中で、性格も風変わりだった…。

 SUMIREは「都を演じていて、飾らない自分でいることで周りとも楽しく思いやりを持って過ごせますし、それは自分の人生をも明るくしてくれる大切なことだなと改めて強く思いました。この作品を通して、自分の人生をどうしたら魅力的に彩り豊かに過ごせるのか、都の生き方もひとつのメッセージとして、観てくださる方々にとって良いきっかけになればうれしいです」と役柄への熱い想いを語っている。

 脚本は東京藝術大学大学院出身の加藤法子氏が手がけ、劇伴音楽には火曜ドラマ『中学聖日記』の小瀬村晶氏も参加。また、美しいビジュアル撮影を映像作家・山田智和氏が担当する布陣で、人は本当に“好き”や“情熱”で夢や愛をつかめるのか、令和の女性へたちへエールを届ける。

■SUMIRE コメント
今回のお話をいただいた時は、素直にとてもうれしい気持ちでした。初主演でしたので自分にその大役が務まるのかなという不安もありましたが、その不安よりも観てくださる方々に共感していただけるような、一緒に楽しめる作品作りをするぞというワクワクした気持ちの方が上回っていました。私自身、普段趣味として絵を描いているので、作品を通して美術に触れ合えることもとても興味深く楽しみでした。

都の人を思って尽くすところは、自分と共通する性格だと思います。私も普段友人や家族に対してこれをしたら喜んでくれるかなと考えたり、相談にのってあげたいと思うので、都の周りの人に対して愛情深いところに魅力を感じますし、共感できる内面を見つけられてうれしいです。

都を演じていて、飾らない自分でいることで周りとも楽しく思いやりを持って過ごせますし、それは自分の人生をも明るくしてくれる大切なことだなと改めて強く思いました。この作品を通して、自分の人生をどうしたら魅力的に彩り豊かに過ごせるのか、都の生き方もひとつのメッセージとして、観てくださる方々にとって良いきっかけになればうれしいです。
    ニュース設定