『テッパチ!』第7話あらすじ 第二部“部隊編”スタート、個性豊かな先輩自衛官と対面

0

2022年08月17日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『テッパチ!』第7話カット(C)フジテレビ
『テッパチ!』第7話カット(C)フジテレビ
 俳優の町田啓太が主演、佐野勇斗が共演するフジテレビ系“水10”ドラマ『テッパチ!』(毎週水曜 後10:00)の第7話が、きょう17日に放送される。

【画像】真剣なまなざしがカッコいい!迷彩服姿の町田啓太&佐野勇斗

 厳しい訓練を乗り越え、晴れて自衛官となった国生宙(町田)は、候補生のときに同じ班の仲間でバディでもあった馬場良成(佐野)とともに普通科隊員として南関東駐屯地に配属される。そんな宙たちの前に、教官だった桜間冬美(白石麻衣)が現れた。1尉に昇級した冬美も、普通科隊員として宙たちと同じ駐屯地に異動になったのだ。「今日からはあなたたちの上司よ。候補生のときは少々甘い態度を取ったこともあったけど部下に対してはそうはいかないから」と冬美は、宙たちに忠告する。

 若干の不安を抱きながら隊舎に向かった宙と馬場を待っていたのは、先輩自衛官たち。班長で1曹の大木隆之(久保田悠来)、バツイチで大木の次に古株の金子慎也(桐山漣)、大木いわく駐屯地イチの爽やかイケメンだという風間速人(工藤阿須加)、年齢は班内で1番年下だが優秀な野村晴樹(結木滉星)の手荒い歓迎だった。先輩たちからのイタズラに耐えつつ、押し付けられる雑用をこなしながら日々の厳しい訓練に明け暮れる宙たち。そんな折、宙と馬場の歓迎会が行われることになる。そこで宙は、自衛隊にも部活があり、ラグビー部もあることを知るが…。

 そんな中、災害派遣要請を受けた冬美や大木班の一同は、現場へ出動する。初めての避難誘導に戸惑ってしまう宙と馬場。そこには、避難していた一般人のオリンピック候補生・芝山勝也(水沢林太郎)がいた。

 同作は完全オリジナル企画で、陸上自衛隊を舞台に青年たちの成長と熱き思いを描いた物語。未熟な若者たちが、現実の厳しさ、夢や希望、友情や恋愛、汗と涙…など、日々壁にぶつかりながら、「誰かのために命をかけられるのか」「自分がやりたい本当のこととは…」と悩みながらも奮闘していく。
    ニュース設定