エミレーツ航空、20億米ドル以上を投じて機内体験改善

0

2022年08月17日 12:21  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

エミレーツ航空は、機内での顧客体験を改善するために、20億米ドル以上を投資する。

ファーストクラスでは、「サーモントラウトのフライ」、「モケカソースとクレオールライス」、「鴨胸肉のロースト」、「オレンジタイムのソース」、「ブロッコリーの蒸し煮」、「フォンダンポテト」などを一部路線で用意する。ドン・ペリニヨンのビンテージシャンパンとペルシャ産キャビアも、「dine on demand」サービスの一部として、無制限に味わうことができることができるようになった。また、軽食「シネマスナック」では、「ロブスターロール」、「ジューシースライダー」、「枝豆」、「塩味のポップコーン」などを用意する。

9月からは、ビジネスクラスとエコノミークラスにも新メニューを用意する。ビーガンメニューは、「キングオイスターマッシュルームのロースト」、「風味豊かなジャックフルーツビリヤニ」などのメインのほか、「金箔をあしらったチョコレートトリュフケーキ」、「砂糖漬けのバラの花びらをあしらったグリーングレープのタルト」なども用意する。

客室乗務員には、エコール・オートリエール・ド・ローザンヌと提携し、専門的なホスピタリティトレーニングを提供する。120機以上の機体も改修し、プレミアムエコノミーを導入する。

    ニュース設定