日本アニメの世界配信“クランチロール”、「アニメアワード2023」授賞式を日本で初開催へ

0

2022年08月17日 17:21  アニメ!アニメ!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

写真「クランチロール・アニメアワード2023」
「クランチロール・アニメアワード2023」
アメリカに本社を置く日本アニメ事業会社のクランチロール(Crunchyroll, LLC)が、「クランチロール・アニメアワード2023」の授賞式を日本で初めて開催することが明らかになった。クランチロールCEOのプリーニ・ラフール(Rahul Purini)よりコメントも到着した。

クランチロールは、200以上の国と地域でアニメやマンガを提供している企業だ。広告モデルによる無料配信とサブスクリプション型の有料配信を手掛けているほか、イベント、劇場アニメ、ゲーム、グッズ、マンガ出版などを通してアニメコミュニティを創出している。

「クランチロール・アニメアワード」は、ファンの人気が高いアニメシリーズ、キャラクターやクリエイターの功績を称えるクランチロールによる授賞式であり、毎年アメリカで開催されている。2021年度は受賞候補作品に対して、全世界から1690万の得票数を記録し、過去最高となる8つのプラットフォームを通じて配信していた。

今回で7回目となる「クランチロール・アニメアワード2023」は、2023年3月4日に東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪「飛天」にて開催され、様々なアニメ作品に携わる制作スタジオ、クリエイターや声優などが一堂に会することになる。
授賞式の様子はクランチロールのソーシャルメディアチャンネルにて配信され、授賞式には著名なクリエイターやミュージシャンなども登場する予定だ。また、ソニー・ミュージックソリューションズが企画・運営サポートとして参画する。

日本での初開催にあたって、プリーニ・ラフールCEOは「アニメ生誕の地、日本より他にこのアニメアワードを祝うにふさわしい場所はありません」とコメントしている。
「アニメアワード2023」の受賞候補は年末に発表される予定で、投票は2023年の年始より開始となる。詳細は今後、アニメアワードの公式サイトおよびクランチロールのソーシャルチャンネルにて公開される予定。

<以下、コメント全文掲載>
【クランチロールCEO プリーニ・ラフール】
アニメ生誕の地、日本より他にこのアニメアワードを祝うにふさわしい場所はありません。物語を伝える媒体として、アニメは非常に優れており、世界中のファンの心を鷲掴みにしています。オレンジカーペットの上で制作スタジオやクリエイターを含む、信頼するパートナーの皆様とともにこのアワードを祝うことを心待ちにしております。

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定