『初恋の悪魔』第二章突入、満島ひかりが物語の最大の謎に関与か?

0

2022年08月18日 05:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

女優の満島ひかりが、日本テレビ系・土曜ドラマ「初恋の悪魔」の第6話(8月20日放送)より出演することが発表された。


本ドラマは、ヘマをしての停職処分が解けた刑事・鹿浜鈴之介(林遣都)、総務課職員・馬淵悠日(仲野太賀)、生活安全課の刑事・摘木星砂(松岡茉優)、会計課職員・小鳥琉夏(柄本佑)の 4 人を中心に、脚本家・坂元裕二の世界観である、テンポよく、繊細、軽妙かつ重厚で、思わず引きこまれてしまうセリフの掛け合いが展開されていくミステリアスコメディー。


いよいよ第二章へと突入する第6話から、満島ひかりが、淡野リサ(あわの・りさ)役で出演することが明らかとなった。

先週放送の第 5 話では、鈴之介(林遣都)が偶然東京で、もうひとつの人格となった星砂(松岡茉優)と出会った。その星砂は少しずつ鈴之介に心を許して自分の過去を語り始め、16 歳で家出し東京に出たこと、そこで出会った淡野リサという女性に救われたこと、そしてさらに、そのリサが、悠日(仲野太賀)の兄・朝陽(毎熊克哉)が殉職したとされる事件に深く関わっていたことが分かった。まさに満島ひかりが演じる淡野リサは、物語の最大の謎の解明に向かって重要な鍵を握る人物であることは間違いない。

はたして星砂とリサにはどのような過去があったのか。そして朝陽が不審な死を遂げた事件とどんな関係があるのか。ますます深まっていく謎が解き明かされる第 6 話では、満島ひかりの演技から目が離せない。

    ニュース設定