高嶋政宏『親愛なる僕へ殺意をこめて』で“ある秘密”を抱える警視庁・管理官に

1

2022年08月18日 05:30  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『親愛なる僕へ殺意をこめて』への出演が決定した高嶋政宏
『親愛なる僕へ殺意をこめて』への出演が決定した高嶋政宏
 人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演する、10月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(毎週水曜 後10:00)のレギュラーキャストが18日に発表され、高嶋政宏(※高ははしごだか)が出演することが決定した。

【写真】主題歌を担当するHey! Say! JUMP

 連続殺人犯を父に持つ大学生・浦島エイジ(山田)はある日、自らが二重人格であることを悟り“もう1人の自分”が殺人を犯しているかもしれないと、底知れぬ不安にかられ、真相を明らかにしようと決意。驚がくの事実が次々と白日の下にさらされていく、どんでん返しのストーリー展開が見どころの二重人格サスペンス。これまで、半グレ集団が運営するデートクラブで働く女性・ナミを川栄李奈が演じることが発表されている。

 高嶋は猿渡敬三(さるわたり・けいぞう)を演じる。警視庁の管理官で、桜井演じる桃井の上司。エイジの父親が起こした15年前の連続殺人事件と酷似した模倣事件の指揮を執ることに。清廉潔白で絵に描いたような警察官に見える猿渡にもある秘密があった。

 高嶋のほか、門脇麦、尾上松也、早乙女太一、桜井ユキ、佐野史郎、遠藤憲一がレギュラーキャストとして出演する。

 また、同作の主題歌は、主演の山田が所属するHey! Say! JUMPが担当することが決定した。曲名などは今後発表となる。

■高嶋政宏コメント
――今作の出演が決まった時の思い。
「松山監督から声が掛かったことが一番うれしかったです。出演が決まってから原作を読んだのですが、あんなに一気に読み切った漫画はないですね。松山監督の意気込みコメントを読んだのですが、“連ドラならではの『親愛なる僕へ殺意をこめて』を作る”とおっしゃっていて、脚本を読んだときに“これはすごいものができるんだろうな”と感じました。松山監督の到達したい地点にできるだけ近づけるように、根気強く自分に負けないでやっていこうと強く思いました」

――台本を読んだ感想・印象。
「それぞれのキャラクターがとても生きていますよね。やっぱり原作と同じように脚本にもスピード感があって、次から次へといろんな展開が待っていて。脚本を読みながら、きっと視聴者の皆さんも、1話1話があっという間に感じるようなドラマになるんだろうな、と思いました」

――視聴者へメッセージ。
「とんでもないものができると思います。ものすごい作品ができるぞと、僕を含めたこのチーム全員が感じていると思います。ぜひ、放送を楽しみにしていてください」
    ニュース設定