18日 広範囲で大雨 九州〜関東は昼頃まで 東北や北海道は再び警戒を

24

2022年08月18日 05:31  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真18日 広範囲で大雨 九州〜関東は昼頃まで 東北や北海道は再び警戒を
18日 広範囲で大雨 九州〜関東は昼頃まで 東北や北海道は再び警戒を

きょう18日は低気圧や前線の影響で、広範囲で大雨。九州から関東は昼頃まで警戒を。東北や北海道は同じような所で再び大雨に。



●九州から北海道 大雨に警戒


きょう18日は、前線が西日本や東日本を南下して、低気圧が北日本を通過するでしょう。広い範囲で発達した雨雲がかかり、大雨に警戒が必要です。九州から近畿は大雨のエリアが南へと移っていて、昼頃までは雷を伴った非常に激しい雨の降る所があるでしょう。予想を超える雨量になる可能性もあります。前線が通過したあとは日差しが戻りますが、局地的にザッと雨が降るでしょう。東海や関東、北陸も、昼頃までは広い範囲で雨が降りそうです。非常に激しい雨の降る所もあるでしょう。いったん雨がやんでも大気の不安定な状態が続き、午後は内陸部や山沿いを中心に、局地的に激しい雨が降りそうです。東北は日本海側を中心に雨、北海道は道南や道東を中心に雨が降るでしょう。今月に入ってから何度も大雨に見舞われていますが、同じような場所で再び大雨となりそうです。また風が強まるため、横なぐりの雨になるでしょう。復旧作業にあたる方は、無理のないようにしてください。


●予想降水量


【予想降水量(24時間)】
あす19日午前6時まで(多い所)
東北 180ミリ東海 120ミリ
近畿・伊豆諸島 100ミリ
関東甲信・北陸・四国 80ミリ

土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。


●大雨の時に危険な場所


大雨の時には、危険な場所に近づかないことが大切です。特に気を付けたいのは、河川や用水路、アンダーパス、斜面やガケです。普段流れの遅い河川や用水路でも、大雨によって水かさが増したり、流れが速くなったりします。絶対に近づかないでください。増水した用水路は道路との境目が分からなくなっていて、足を取られるおそれがあります。雨水はアンダーパスに流れ込むため、すぐに冠水します。車が水没して故障し、車内に取り残されると非常に危険なため、無理をして通らず迂回するなどの対応をとってください。急な大雨(ゲリラ豪雨)の時にはあっという間に冠水してしまうため、特に注意をしてください。山などの急な斜面はいつ崩れるか分からないため、決して近づかず、斜面とは反対側に避難するようにしてください。土砂災害警戒情報や大雨警報の危険度分布を細かく確認して、状況を常に把握するようにしましょう。


このニュースに関するつぶやき

ニュース設定