西武のドラ1・隅田がロングリリーフで好投 「素晴らしい投球」解説陣も今後に期待

0

2022年08月18日 07:02  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真西武・隅田知一郎 (C) Kyodo News
西武・隅田知一郎 (C) Kyodo News
◆ 2カ月ぶり一軍マウンドで躍動

 西武は17日、ホームでソフトバンクに3−5で敗戦。

 首位攻防戦は1勝1敗のタイで18日の第3戦を迎えることとなった。




 この日は先発した平井克典が初回から3点を失う苦しい展開。4回にも2点を奪われ、イニングを投げきることができずに3回2/3を5失点(自責は4)という結果でマウンドを降りた。

 そんな中、見事な投球を見せたのが2番手で登場したドラ1ルーキーの隅田知一郎。4回二死一・二塁というピンチからの登場も牧原大成を3球三振に斬ってみせると、5回も三者凡退で中盤を絞める好投を披露。

 6回は先頭の三森大貴に二塁打を許しながら、後続を斬って無失点。3回1/3のロングリリーフで被安打2、無四球・3奪三振の無失点という快投だった。



 今季は開幕から先発ローテーションに入って11試合に先発も、1勝7敗と思うように結果がついてこなかった左腕。ファームでの再調整を経て、この日は6月9日・巨人戦以来となる一軍登板となったが、解説陣はルーキーの堂々とした投球を称えている。

 17日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した平松政次氏は「開幕前には新人王を獲ると思っていたくらいの投手。開幕後はなかなか点を取ってもらえなくて、調子を崩すところも見られましたが、今日は素晴らしい投球を見せてくれましたね」とコメント。

 「ストレートで空振りが取れていなかったのは少し気になりますが、そこが改善されてくるともっと楽しみになる」と付け加え、今後の活躍に期待を寄せた。


 同じく番組に出演した谷繁元信氏は「いま西武の先発陣はかなり充実しているので、リリーフでの起用となったかなと。こういうところで結果を残していけば、ここぞというところで先発のチャンスも巡ってくると思う」と解説。

 チームは34試合に登板しているリリーフ左腕の佐々木健を故障で欠いており、そんな事情も踏まえてという部分もあったことだろう。そんな中でプロ初のリリーフ登板、しかもピンチの場面からという苦境で結果を残したことは、チームにとって大きな収穫となったに違いない。帰ってきたドラ1ルーキーの今後に注目だ。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』



【動画】西武のドラ1・隅田知一郎が久々の一軍登板で躍動!3.1回を2安打・無失点

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定