「家庭教師のトラコ」“智代”板谷由夏の遺書に「涙腺崩壊」 「過去一泣ける回」「愛が詰まった手紙にボロ泣きした」

0

2022年08月18日 07:20  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真「家庭教師のトラコ」(C)日本テレビ
「家庭教師のトラコ」(C)日本テレビ

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第5話が、17日に放送された。

【写真】「家庭教師のトラコ」(C)日本テレビ

 本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を手掛けた。(※以下、ネタバレあり)

 トラコは、教え子の高志(阿久津慶人)の母・智代(板谷由夏)が胃がんを患っていることを知っても冷静だ。

 手術を1週間後に控えた智代は、生き生きと勉強に励む高志を見ると、病気のことを打ち明けられず、トラコに「高志には病気のことを黙っていてほしい」と頼む。

 智代は貯金がほとんどなく、保険にも加入していない現状に弱気になる。そして、今死んだら、高志にいくら残せるのかと考えると絶望的になった。

 トラコは、高志が大学を卒業するまでに必要な金額を4630万円とし、「一緒に考えましょう。4630万円を手に入れる方法を」と智代に告げる。

 放送終了後、SNS上には、「今週も感情移入しまくりで、考えさせられる話だった。日本の学費はやっぱり高過ぎる」「トラコ先生は嫌いな言葉を使って過ちに気付かせてくれるし、見ている自分もためになる」「ぶっきらぼうな素のトラコと、トラコのために世話を焼く福多(中村蒼)がすごく好き」などの感想が投稿された。

 また、智代がトラコの添削を受けながら書いた高志への遺書を朗読するシーンにも反響が集まった。

 「毎回泣かされているけれど、智代さんの手紙は号泣だった」「過去一泣ける回だった。高志への愛がたっぷり詰まった手紙で、ボロボロ泣いた」「涙腺がやばい。さすがトラコが添削しただけのことはある遺書だった」などのコメントが寄せられた。


「家庭教師のトラコ」 (C)日本テレビ


もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定