DeNAの快進撃に解説陣から納得の声「勝っているから良く見えるんじゃない」

0

2022年08月18日 07:53  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真DeNA・三浦大輔監督[写真=萩原孝弘]
DeNA・三浦大輔監督[写真=萩原孝弘]
◆ 采配に応えた選手にあっぱれ!

 DeNAは球団記録を更新する本拠地13連勝。巨人を相手に連勝でカード勝ち越しを決め、貯金を今季最多の「5」に増やした。

 試合が動いたのは5回。3点ビハインドのDeNAは、相手先発のC.C.メルセデスから初安打を含む連打で一・二塁のチャンスを作ると、8番・戸柱恭孝の打順でタイラー・オースティンを代打起用。期待の大砲は空振り三振に倒れたが、続く投手の打順で登場した代打・嶺井博希が安打で一死満塁とつなぎ、1番・桑原将志の2点適時打、2番・楠本泰史のスクイズで同点に追いついた。

 続く6回には6番のネフタリ・ソトが12号決勝2ランを放ち、8回には5番・宮敏郎が6号ダメ押し2ラン。投げては2番手以降の平田真吾、入江大生、エドウィン・エスコバーの3投手が後半4イニングをパーフェクトリレーで抑え、巨人打線に反撃を許さなかった。

 17日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した野球解説者の谷繁元信さんは、DeNAが5回に見せた強気な代打攻勢について、「もう攻撃的。この回に追いつく、ないし逆転するというベンチの意志があって、それを選手たちが感じ取って“結果”として出せるチームになってきた」と、白星を重ねるなかチームが成熟し始めていると分析した。

 また、同じく番組に出演した笘篠賢治さんは、6回から完全投球でつないだDeNAのリリーフ陣を称え、「いまのDeNAは勝っているから良く見えるんじゃなくて、実際に良いんですよ」と絶賛。

 電話出演した平松政次さんは、2回無失点と好投した3番手・入江大生の名前を挙げ、「この辺のしっかりした投手がいると、エスコバー、伊勢、山と繋げられるじゃないですか。ものすごく成長したので戦力になっていますよ」と、ブルペンに厚みをもたらした2年目右腕の働きも称えた。

 DeNAはオールスター前の時点で借金3の4位に位置していたが、投手陣を中心とした競り勝つ戦いで8月に入ってから10勝2敗と一気に2位まで浮上。依然として首位・ヤクルトとは7ゲーム差あるものの、3位・広島と3.5差をつけ、3シーズンぶりのAクラスフィニッシュへ突き進んでいる。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』
    ニュース設定