JR札幌駅、1番線を廃止 新幹線建設、駅周辺での工事計画概要発表

1

2022年08月18日 10:41  TRAICY

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

JR北海道は、北海道新幹線の札幌延伸に向けた、札幌駅周辺での工事計画の概要を発表した。

10月16日から11番線の使用を開始し、1番線を廃止する。これにより、駅の南側に新幹線高架橋を構築する空間を作る。2番ホームは改良し、ホーム幅は狭くなる。新千歳空港行きの快速エアポートは、現行通り5・6番ホームを使用する。学園都市線の発車を11番ホームに統一する。11番ホームは6両編成に対応し、階段2か所、エスカレーター2基、エレベーター1基を設ける。

駅構内の信号工事のため、9月3日・4日・10日・11日と10月15日・16日の計6日間、一部列車で運休や行き先変更を実施する。

また、9月30日に商業施設「パセオ」の営業終了を予定している。工事に伴い、高架下の通路やエスカレーターの閉鎖も発生する。11月1日からは南側連絡通路を閉鎖するほか、一部の店鋪の営業も終了する。

10月からはパセオ駐車場、2023年3月ごろからJRタワーセンター屋外駐車場の利用もできなくなる。

    ニュース設定