ミッツ・マングローブ「国葬にふさわしい『人』でなく『国』」

15

2022年08月18日 11:35  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真ミッツ・マングローブ
ミッツ・マングローブ
 ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、「安倍晋三元首相の国葬」について。


*  *  *


 先月からテレビのリモコンが見当たりません。外に持ち出すはずもなく、要するにテレビのリモコンが見当たらなくなるぐらい家が散らかっているということです。よってここ数週間、家でテレビを観ていません。世の中の出来事はネットニュース頼み。おまけに、尻に敷いても壊れないと評判の拡大鏡を足で踏み潰してしまったため、スマホの画面もよく見えず、世間で何が起こっているかほとんど把握できていない状態です。


 そんな情報弱者に成り下がった女装オカマの耳にも、先に亡くなった安倍元首相の国葬に対する賛否の声は聞こえてきます。安倍さんほどの人でなくとも、誰かが亡くなった直後というのは、様々な感情論も含め「喪失ハイ」に陥りがちなので、しばらく経ったらある程度の「揺り返し」が起きるのは予想していましたが、日本人としては聞き慣れない「国葬」なる言葉にやたらと敏感な人がなんと多いことか。


 言ってみれば「国葬」も、国を挙げてのイベントという意味ではオリンピックや万博(厳密にはどちらも都市開催ですが)と同じです。ただこればかりは、何年もかけて議論するような案件ではありません。仮に是非を考えるのであれば、果たして今の日本に「国を挙げてのイベントを催す必要性があるかないか」だと思います。


 前回の国葬は1967年。吉田茂元首相が亡くなった時でした。この頃の日本と言えば、その3年前に初めてオリンピックが開催され、新幹線や首都高が開通。まさに敗戦からの復興と経済成長を国単位で実感し、それを諸外国に見せつける「大義」があった時代です。無論、吉田茂も安倍晋三も同じくらい偉大な首相であったことに変わりありません。しかし、ふたりの決定的な違いは、政治的功績でも国際的知名度でも任期や人気でもなく、この「時代」の差なのではないでしょうか。



 オリンピックや万博が国を挙げた「村興し」であるように、「国葬」もまたその国の勢いや結束力を顕示する側面の強いものです。そういった意味で、今の日本は「元首相の国葬」を出すような国なのかどうか。迷うべきポイントはそこであって、安倍さんが国葬にふさわしい人か否かを判断するのであれば、いっそ国民投票でもしないことには公平な答えなど出ないでしょうし、そんな時間はないからこそ、現職総理の鶴の一声で決まるわけです。


 私はなんでもかんでも「税金の無駄だ!」と主張するような貧しい精神の持ち主ではありませんが、そもそも日本の国葬を体験したこともないですし、どちらかというと「昔のもの」「不安定な国のもの」というイメージが強い国葬故に、「今さら思い出したように国葬?」という気持ちがないわけではありません。一方で、「オリンピックを自国開催するよりかは有意義だ」とも思います。


 ちなみに「国葬」とは別に、天皇ならびに上皇が崩御した際に発せられる「大喪」という儀式が日本にはありますが、今回この「大喪」と「国葬」を混同したり並列で捉えている人も少なくないようです。そこだけははっきりと区別・認識しておいて頂きたいものです。ましてや政治学者を名乗る方なのであればなおさら。落ち着きましょう。


ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場〜語り亭〜」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

※週刊朝日  2022年8月19・26日合併号



【おすすめ記事】安倍元首相の国葬をしている場合ではない 祖父・岸信介から継ぐ家業としての政治の膿を出し切るべき


このニュースに関するつぶやき

  • 天皇陛下の大喪の礼と混同してギャーギャー反対したり、税金を使うなとか言っている恥ずかしい人がいますよね!
    • イイネ!26
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(11件)

前日のランキングへ

ニュース設定