久しぶりに実家へ帰ったら……なんだこいつ!? 知らない間に「親が米軍のフォークリフト買ってた」珍事がTwitterで話題

19

2022年08月18日 18:12  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真なぜ実家に米軍のフォークリフトが!?
なぜ実家に米軍のフォークリフトが!?

 久しぶりに実家へ帰省したら、なぜか米軍のフォークリフトがあったという体験談が、Twitterで話題になっています。どうして……?



【画像・動画】実家にあった米軍のフォークリフト



 投稿者はTwitterユーザー・鳥麦康人さん。久々に実家を訪れたところ、迷彩柄の塗装が施された米軍のフォークリフトを見つけたそうです。



 フォークリフトは「SKYTRAK 6000M」というモデルで、最大2.8トンの荷物を持ち上げられます。鳥麦さんによれば、横浜からの払い下げ品として「ヤフオク!」に出品されていたのを親が見つけ、仕事用に購入したそうです。



 元は米軍が使用していたということで、ボディー全体が濃緑の迷彩色で塗装されている以外は、一般的なフォークリフトと同じ仕組み。クレーン車のようなアームがついているため、地上から2階、3階など、高低差の激しい場所で荷物を動かすのも楽に……! 職種によっては羨望の眼差しを受けそうですね。



 実際に鳥麦さんが運転してみたところ「思ってたより運転し易かった」そうです。とはいえ、何も知らされずにこんな大きな軍用車両が置かれていたら、めちゃくちゃビックリしますよね。



 写真を投稿した鳥麦さんは、創作サイト「nizitsuku」で、1980年代にロボットが一般に普及していたら?」というコンセプトのオリジナル作品「ロボリス」を投稿しています。


このニュースに関するつぶやき

  • 仕事用に米軍払い下げ買うのって、浅間山荘事件で有名な白田組を思い出した。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定