年金生活に入るなら、マイナンバーカードを作っておいたほうがいい?

2

2022年08月18日 19:31  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、マイナンバーカードと年金の関係についてです。
年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、マイナンバーカードと年金の関係についてです。
老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。

今回は、マイナンバーカードと年金の関係についてです。

Q:年金生活に入るなら、マイナンバーカードは作ったほうがいい?

「そろそろ年金をもらう年代の人間です。マイナンバーカードを作りましょうというお知らせが自治体からきたのですが、年金生活に入るなら、マイナンバーカードを作っておいたほうがいいんでしょうか? 年金もらうときに、使うことはありますか?」(50代後半・会社員)

A:年金の相談や請求をするときに便利です

マイナンバーカードは、表面に住民票の住所が印字された顔写真がついているプラスチック製のカードです。裏面に個人番号が印字されていて、4桁の暗証番号が読み込まれた金色のICチップがついており、電子証明書として利用できます。

年金の各種届け出・申請についてもマイナンバーで行えるようになったほか、年金給付関係等の事務手続きについては添付書類の省略ができるようになっています。

スマートフォン(対応機種確認必要)やパソコン(カードリーダー必要)を用意して、アプリをインストールすると、「マイナポータル」に接続することができます。

マイナポータルでは、行政の手続きができるほか、お知らせや世帯情報、税金の情報についても確認できます。また、このマイナポータルを通じて、ねんきんネットに接続することができ、加入履歴等を確認することができます。

その他、マイナンバーカードを使って、コンビニ等で住民票なども取得することができる自治体もあります。24時間対応ではありませんのであらかじめお住まいの自治体で確認しましょう。

さらに、現在、マイナンバーカードを健康保険証の代わりとして使えるように随時整備が進んでいます。健康保険証として利用するには、あらかじめマイナポータルから登録する必要があります。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

都市銀行や保険会社、保険代理店での業務経験を通じて、CFP、証券外務員の資格を取得。相談業務やマネーセミナーの講師、資格本の編集等に従事。日本FP協会の埼玉支部においてFP活動を行っている。
(文:All About 編集部)

このニュースに関するつぶやき

  • 確定申告するなら持った方がいい。以前「俺はIDで申告できるからカードなんか要らん」とマウントしに来たアホがいたが、IDは廃止予定だと教えてあげたら、精一杯虚勢を張って逃げていったな。
    • イイネ!10
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定