「嫉妬覚えるくらい天才」「絶対伸びる」―― 知る人ぞ知るSFショートアニメの奇才「教室隅の男・その名はジャック」に聞く創作の裏側

13

2022年08月18日 21:02  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真サムネにもなっている「shihatsu」の1シーン。どこか不穏な美しさを醸し出す
サムネにもなっている「shihatsu」の1シーン。どこか不穏な美しさを醸し出す

 YouTubeやTikTokなどのショート動画が盛り上がっている昨今、“奇想天外な発想”と“秀逸な構成”のSFアニメで人気を博しているクリエイターがいます。その名は「教室隅の男・その名はジャック」。YouTubeチャンネル登録者は約5万人という、今はまだ知る人ぞ知る奇才の裏側に迫りました。



【動画を見る】



 「教室隅の男・その名はジャック」さん(以下、ジャックさん)は、2022年1月に動画投稿を始め、8月現在では約150本の動画をYouTubeチャンネルに投稿しています。その魅力として真っ先に挙げられるのは、独特な設定。例えば、「妖精にIQ1兆を願った結果、街に浮かぶ巨大な脳になってしまう」という話(「巨大脳」)や、「短い間隔で流れる異世界の映像に、現実世界が侵食されていく」という設定(「サブリミナル効果」)などがあり、一目見るだけでその奇想天外な世界観にグッと引き付けられてしまいます。



 そんな独創的な発想を見事なまでにまとめ上げる構成力もまた、ジャックさんの大きな魅力の1つです。短い動画ながら二転三転する展開と秀逸なオチには、「うーん、なるほど」とうならずにはいられません。特に、「窓辺の君」や「自白する像」など少し長めの作品を見た後は、重いテーマもあいまって、映画を1本見終わった後のような感覚に襲われます。



 また、そうしたプロットの面白さはもちろんのこと、絵のタッチや細かい演技の使い分けなども、非常に魅惑的です。舞子の姿をしたスマホのアンドロイドと男の、切なくも優美な関係性を描いた「shihatsu」という作品は、もはや芸術的ともいえる作画となっています。さらに、絵を書くことが趣味の男の子をフィーチャーした「創作」では、状況に応じて声質や話し方を変えていて、それがこの作品の味を一層際立たせています。



 コメント欄は「嫉妬覚えるくらい天才」「狂気の奇才」など、才能を褒めたたえる声や、「絶対もっと伸びるべき」「長編の映画作ったら絶対円盤買う」のように、さらなる活躍を願う声であふれています。編集部では、ジャックさんに、動画制作の裏側や今後の展望などについて尋ねました。



・・・・・・・・・・・・



―― 「教室隅の男・その名はジャック」さんの動画は、大変独創的な発想だと感じますが、どのようなところから着想を得ているのでしょうか。



教室隅の男・その名はジャックさん(以下、ジャックさん):普段の生活で琴線に触れる語をメモして、それをこねたりたたいたりしつつ自分の経験や考えを混ぜたりしています。



 例えば先日作った「トラウマポイントカード」という動画は、「トラウマ」と「ポイントカード」という2つの面白そうな語を合体させました。ここまでできたら後は、この設定を生かして「トラウマポイントカード2倍デーにトラウマを作りたい主人公→飛び降りする人間を見てトラウマを作ろう」という展開が導き出されるので、後はオチを付けて完成です。



 ちなみに僕は過去、「トラウマポイントカード」みたいな重めの話をYouTubeに上げて、動画が削除されたトラウマがあります。



―― 物語の構成も非常に巧みだと感じます。構成について意識していることはありますか?



ジャックさん:プラットフォームがYouTubeなので、ブラウザバックされたり他の動画に飛ばれたりしないようにすることです。具体的には、前振りを長くしすぎない、途中で展開を入れる、最後はしっかりオチをつけることです。できていない動画も結構ありますが。



―― イラスト、シナリオ、編集、声優を全て1人でやりながら、短い間隔で動画投稿を続けるというのは、非常に大変だと思うのですが、1つの動画を制作するのにどれくらいの時間がかかるのでしょうか。



ジャックさん:大体7〜12時間です。特にイラスト・編集・声優は全てYouTubeのために始めたことなので、まだまだ勝手が分かっておらずどうしても時間がかかります。いつかはその辺り、他の人とチームを組んでやれたらできることの幅も広がるなあと思っています。



―― チャンネル概要には「昔からずっと1人でお話作りしてました」とありますが、いつから物語制作を始めていたのでしょうか。



ジャックさん:小さい頃、お人形遊び(ガンプラ)の中でお話を作りながら遊んでいたのが原初の記憶です。学生時代は週に1本短編小説を書いて友達と見せ合いっこしたりしてました。映画が好きで、シナリオの構造を知りたくていろいろと本を読んで勉強したり、少しだけ脚本スクールに通ったこともあります。



 とはいえ、YouTubeを始めるまで作った話を不特定多数の人に公開したことはなかったので、今は見てもらえて楽しいです。



―― 小説や構成作家などの道もあったと思うのですが、どうしてイラストなども行う必要があるYouTubeを選ばれたのでしょうか。動画投稿を行おうと思ったきっかけもお聞きしたいです。



ジャックさん:もともと映画が好きで、映像作品のシナリオを書きたかったからです。しかし実際問題、自分のオリジナルシナリオを映像化するのは、かなりハードルが高いです。今の時代、原作なしのオリジナル企画はほとんどないです。倍率の高いコンクールに受かって脚本家になっても、やることは脚色がほとんどです。



 僕のやりたいことは、自分の考えた話を色んな人に見てもらうことだったので、YouTubeを選びました。そのころ、今の僕の動画みたいに、数枚の絵だけでコントしてる動画がバズってるのを見て、これなら(絵と編集と声優さえ自分でできれば)1人でもシナリオの映像化ができるかもしれないと思いました。



―― 作風に影響を与えた作品がありましたら教えてください。



ジャックさん:無数にありますが、アニメで言うと「エヴァンゲリオン」「serial experiments lain」などの内省的で、いわゆる鬱作品みたいなものの影響は受けてるかもしれません。



 でも僕の動画は基本コントで明るいので安心して見てほしいです。



―― ご自身で気に入っている作品がありましたら教えてください。



ジャックさん:「shihatsu」という動画です。理由は、一番長く時間をかけて作ったからです。確か、1週間くらいかかりました。



 絵もいっぱい描いた分、少しですが演出や構図などの幅も広がって、(普段よりは)映像作品っぽい感じになってると思うから気に入ってます。



―― 現在は短めの動画を中心に投稿されていますが、長編を制作する予定はありますか。また、今後の目標を教えてください。



ジャックさん:長編の構想はたくさんあるのですが、現状難しいです。今のところ貯金を崩しながらの活動なので、なるべく毎日投稿を続けてチャンネルを伸ばして収益を増やさないといけないからです。それが短期目標になります。長編作成は中期目標になりますね。



 近々やれそうなことの中で言うと、誰かと一緒に作品を作って普段よりクオリティーが高い動画にしてみたいです(上手な声優さんに出演してもらうとか)。何のお礼もできませんが、「一度くらいなら出てやってもいいぞ」って方がいましたらご連絡お待ちしてます。



 長期目標は、色んな媒体で作品作りをしていくことです。一生お話作って生活したいと考えています。お仕事もお待ちしています。



・・・・・・・・・・・・



 ジャックさんの動画は、ショート動画を中心にYouTubeで見ることができます。中でも3分から5分程度の長めの作品は、より重厚な人間ドラマが描かれており、おすすめです。また、YouTubeに載せられないセンシティブな動画は、自身のWebサイトにて公開中。刺激は強いものの、非常に考えさせられる作品が多く掲載されています。



※作品提供:教室隅の男・その名はジャックさん


このニュースに関するつぶやき

  • 動画いくつか見てみたけど、私はバーバパパの方が好きやな。「めっちゃエキサイティングな公園」推し。→
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定