レアルのMFブランコ、カディスへ期限付き移籍…Bチームで主将の22歳が武者修行へ

0

2022年08月18日 22:48  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真レアルの下部組織育ちのMFブランコ [写真]=Getty Images
レアルの下部組織育ちのMFブランコ [写真]=Getty Images
 カディスは18日、レアル・マドリードからU−21スペイン代表MFアントニオ・ブランコを獲得したことを発表した。契約は今シーズン終了までの期限付き移籍となる。

 2000年生まれで現在22歳のブランコは、レアル・マドリードの下部組織育ちのミッドフィールダー。同クラブのBチームにあたるカスティージャで主将を務めており、トップチームでは2020−21シーズンに初出場。しかし、分厚い選手層が立ちはだかる中でトップ定着とはならず、昨季はラ・リーガとチャンピオンズリーグのそれぞれ1試合で途中出場するのみに終わっていた。

 そして22歳で迎える今季、カディスへの1シーズンの間の期限付き移籍が決定。昨シーズンは最終節で劇的な残留をもぎ取った同クラブへの移籍で、トップカテゴリーでの出場機会を増やすことが見込まれている。なお、ラ・リーガ開幕節でレアル・ソシエダに敗れたカディスは次節、20日にアウェイでオサスナと対戦する。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定