Dean Fujioka、タピオカの次は「ディーン・フジようかん」 和菓子舗たねやと共同開発

170

2022年08月19日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真“ライブツアー公式スポーツ飲料”として食べていた羊羹を商品化するDean Fujioka
“ライブツアー公式スポーツ飲料”として食べていた羊羹を商品化するDean Fujioka
 シンガー・ソングライターで俳優のDean Fujiokaが42歳の誕生日を迎えた19日、和菓子製造販売を行う株式会社たねやと共同開発したオリジナル羊羹「ディーン・フジようかん」を9月19日に発売することを発表した。飲食物のコラボ商品は、2019年に自身が監修して大きな反響を呼んだタピオカドリンク「ディーンタピオカ」以来、3年ぶりとなる。

【写真】たねや本生羊羹×コーヒーを組み合わせた「ディーン・フジようかん」

 きっかけは、昨年のライブツアー『Musical Transmute』(全国18ヶ所20公演)を開催中、本番30分前にエネルギーにすぐ変わる“サプリ”として羊羹を食べていたこと。ノイズが少ない形で糖分を摂取でき、すぐにエネルギーに変わることから“ライブツアー公式スポーツ飲料”として食べていた羊羹を商品化することになり、たねやと共同開発した「ディーン・フジようかん」が誕生した。

 「ディーン・フジようかん」は、北海道産小豆や寒天、鈴鹿山系の地下水でつくる「たねや本生羊羹」と、Deanが「創作活動の燃料」と語るコーヒーを組み合わせた。コーヒーソースは、インドネシア アチェ州ガヨ地区のコーヒーを使用し、フローラルなフレーバーで濃厚かつさわやかな味となっている。

 食べ方にも一工夫。最初の一口で水羊羹のみずみずしさを味わったあと、別添のコーヒーソースをかけることで豊かに広がるコーヒーの風味も楽しめる。

 外箱には、Deanがコーヒーに魅了されるキッカケとなったバンダ・アチェ(Banda Aceh)の地図をプリントした。同所はDean主演映画『海を駆ける』の撮影地で、それまで苦手だったコーヒーを好きになり“ライフチェンジング”したゆかりの深い土地。Deanならではのアイデアで、外箱にはインドネシアの国旗と日本の国旗が隠されている。

 たねや日本橋三越店、たねや銀座三越店、たねや梅田阪神、たねやうめだ阪急、名古屋高島屋、たねやオンラインショップで9月19日発売でなくなり次第終了。価格は6個入りで税込3672円。ツイッターで「#ディーンフジようかん」(※中黒なし)をつけて投稿すると、抽選で100名にDean流「ディーン・フジようかん」の食べ方 家訓風画像がプレゼントされる。

このニュースに関するつぶやき

  • まぁネーミングセンスはアレだが(*´Д`*)味はいいのか、味は( ・_・)6個で3600円か。は!?高すぎんだろお前!!(`・д・´)オラァ
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(81件)

ニュース設定