三菱自動車、新型クロスオーバーMPV「エクスパンダー クロス」をインドネシアで発表

0

2022年08月19日 16:31  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
三菱自動車工業はこのほど、新型クロスオーバーMPV「エクスパンダー クロス」を「第29回インドネシア国際オートショー」(The 29th GAIKINDO Indonesia International Auto Show)で発表し、同国での販売を開始した。



同モデルはミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(西ジャワ州ブカシ県)にて生産し、アセアン地域を中心に順次展開していく。


「エクスパンダー クロス」はクロスオーバーMPV「エクスパンダー」をベースに、SUVらしい力強さと高い走行性能、快適な乗り心地を実現したシリーズ最上位モデル。



2019年にインドネシアで発売後、アセアン、中東、中南米、南アジア、アフリカと販売市場を拡大し、2017年に販売を開始した「エクスパンダー」と合わせると、累計販売台数は2022年7月末までに47万台以上、2021年度は11万台以上と、同社の車種では3番目の販売実績を誇っている。

新型エクスパンダー クロスはフロントとリヤのデザインを一新。SUVらしく力強いスタイリングを実現するとともに、前左右輪の制動力を調整して旋回性を高めるアクティブヨーコントロール(AYC)などの採用により、走行時の安心感や乗り心地を向上させた。


今回の発表にあたって、同社社長の加藤隆雄氏は以下のようにコメントしている。



「昨年、大幅改良した『エクスパンダー』は順次販売地域を拡大しており、今年度の販売台数は昨年度の同期間を上回るなど好調な販売状況となっています※。今回の新型『エクスパンダー クロス』はこれまで以上にSUVらしい力強さを高めた三菱自動車ならではのクロスオーバーMPVとしており、『エクスパンダー』と同様にお客様にご好評いただけることを期待しています。進化させた『エクスパンダー』シリーズによってアセアンを中心に当社のプレゼンスをさらに拡大するとともに、インドネシアでの現地生産を通じて同国の経済発展にも貢献してまいります」



※2022年7月末時点で約4万台。「エクスパンダー」と「エクスパンダー クロス」を合わせた2022年4月〜7月累計販売台数、「エクスパンダー」は大幅改良前のモデルを含む。(エボル)

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定