準々決勝で姿を消した大阪桐蔭「お客さんの手拍子が本当にすごくて……」王者をのみこんだ甲子園の魔物

1

2022年08月19日 19:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真涙をぬぐいながらベンチ前に整列する大阪桐蔭の選手たち
涙をぬぐいながらベンチ前に整列する大阪桐蔭の選手たち
 3度目の春夏連覇をもくろんだ王者・大阪桐蔭が準々決勝で姿を消した。


【写真】悔しくないわけがない。試合後の主将の表情
 18日、大会第12日の第3試合。大阪桐蔭と下関国際(山口)の対戦は1点を争う好ゲームとなった。


 大阪桐蔭は初回から、下関国際の先発・古賀康誠を攻めたてた。1死二塁から「投手を飲み込んでいくイメージで、気持ちで負けやんとこうと」打席に入った松尾汐恩が先制の適時二塁打。4番の丸山一喜も続き、あっさりと2点を先制する。春の王者、そして優勝候補筆頭の貫禄で、このまま試合を優位に進めるかと思われた。



 五回、六回と同点に追いつかれるも、いずれも直後に勝ち越し点を挙げており、これが王者の余裕かと思われた。しかし、そこからたたみかけ、突き放すことができない。


 主将の星子天真は「点を取れるときに取っておかないと、後々厳しくなるなと感じていた」と振り返る。


 下関国際・坂原秀尚監督は「終盤1点差2点差でついていければと思っていた」。その思惑通り、大阪桐蔭1点リードのまま試合は終盤へ。


 七回の守備ではビッグプレーが飛び出した。下関国際は無死一、二塁のピンチを迎える。7番・大前圭右のバントは小飛球となり投前へ。飛び出していた二塁走者、一塁走者を封殺して三重殺。危機を脱した。
「三重殺は監督をやっていて初めて。流れが変わったと思う」(坂原監督)


 球場全体が徐々に下関国際を後押しする空気に変わっていく。
 そして九回。大阪桐蔭2番手の2年生投手・前田悠伍から連打と犠打でチャンスを作り、打席には4番・賀谷勇斗。球場内の手拍子が一層分厚く鳴り響く。


 前田が「投げ切れたが、甘く入ってしまった」という直球を賀谷が中前に弾き返す。逆転の2点適時打となり、これが決勝点に。大阪桐蔭の夢はついえた。



 突き放せないままに僅差で終盤を迎え、逆転される展開に星子は「これが野球の怖さだと感じた」。そしてこう続けた。



「お客さんの手拍子が本当にすごくて、飲まれそうになるというか……。2年生の前田が投げていたのに、自分も余裕がなくて声をかけられなかった。前田に申し訳ないなと」



 捕手としてチームをけん引してきた松尾は涙が止まらない。


「前田が打たれてしまったのは、すべて自分の責任。八回のチャンスに打てなかったし、投手陣をもっと引っ張れへんかったかなと……」


 一方、初の4強入りを果たした坂原監督は「弱者が強者に勝つ」が信条。


「(信条は)野球部が大きくなるために必要な言葉だと思い、就任当初から掲げていた言葉。生徒にも常にそういう話はしている。長打は望めないので、バットを短く持って、タイミングを早めにとって、低い打球を打つことを心がけていた」



 大阪桐蔭の西谷浩一監督はじめ、選手らも口をそろえたのが下関国際の「しぶとさ」。大阪桐蔭に慢心はなかっただろう。“弱者らしく”というべきか、王者にしぶとく食らいついた下関国際が大きな勝利をつかんだ。



(本誌・秦正理)


※週刊朝日オリジナル記事


このニュースに関するつぶやき

ニュース設定