ブラッド・ピット「世界にはこれが必要だ!」『ブレット・トレイン』愛あふれるインタビュー動画解禁

0

2022年08月19日 20:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『ブレット・トレイン』メイキング写真
映画『ブレット・トレイン』メイキング写真
 俳優ブラッド・ピットが主演する映画『ブレット・トレイン』より、ブラッドとデヴィッド・リーチ監督の2ショットインタビュー映像が解禁。ブラッドは本作の脚本を読んだ際、「世界にはこれが必要だ」と思わず叫んだことを明かしている。

【動画】「世界にはこれが必要だ!」――『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット&監督インタビュー動画

 本作は、伊坂幸太郎のベストセラー小説『マリアビートル』をブラッド・ピット主演×『デッドプール2』のデヴィッド・リーチ監督でハリウッド映画化したミステリー・アクション作品。

 世界一運の悪い殺し屋レディバグが請けたミッション、それは東京発の超高速列車でブリーフケースを盗み、次の駅で降りること。簡単な仕事のはずが、次から次へと乗ってくる身に覚えのない殺し屋たちに命を狙われ、降りたくても降りられない。最悪な状況の中、列車はレディバグと殺し屋たち、10人を乗せたまま終着点・京都に向かうが…。

 実は、この10人が乗り合わせたのは、偶然ではなく、仕組まれた罠だった。やがて明らかになっていく、殺し屋たちの過去と因縁。そして終着点で待ち受ける世界最大の犯罪組織のボス=ホワイト・デスと対峙したとき、思いもよらぬ衝撃の展開が待ち受ける。

 今回解禁されたのは、ブラッドとリーチ監督の2ショットインタビュー映像。リーチ監督は過去に、『ファイト・クラブ』(1999)、『Mr.&Mrs.スミス』(2005)、『トロイ』(2004)などでブラッドのスタントを務めた経験を持つ。

 まず、二人の関係性について問われ、ピットが「良い循環のような関係で…」と言いかけると、リーチ監督は「運命だ」と即答。「そう、運命だ」とピットも同意し、「彼の仕事ぶりを遠くから見ていたんだけど、クールでエネルギッシュな独自のスタイルを確立していて、それがとても印象的だった」と振り返り、「でも今の関係性といえば、彼が監督だからね。僕は仕える立場、つまり彼がボスさ」と笑顔でコメント。

 スタントマンを経て、監督になったリーチ監督。そのキャリアの経緯について、スタントマンとして出演した大作映画『ファイト・クラブ』で主人公を演じたエドワード・ノートンとデヴィッド・フィンチャー監督の見事なコラボレーションを目の当たりにしたことが大きかったことや、「ブラッドのスタントを世界各地で務めて、最高の役者のスタントはものすごく勉強になった。映画製作に携わる者として多くを学んだ。それで火が付いて彼(ピット)には短編を撮るんだと報告してた」と熱く語る。そんな監督に対しブラッドが「(当時は)『頑張れよ』って感じ(笑)。監督になりたいヤツが、また1人増えたと」とユーモラスに茶々を入れ、仲の良さをにじませた。

 本作の脚本を手にしたのは「ロックダウンに入って、4〜5ヵ月ぐらい過ぎた頃だった」と振り返るブラッド。「みんな気がめいってきて、世界中がうつ状態のようだった。そして本作の脚本を読んだ。この友人とは、つながっていたからね。脚本を読んで、大声で笑ってしまったよ。バッド・バニーのシーンまで読んでこう言った。“世界にはこれが必要だ”と」「そこからは話がとんとん拍子に進んだね」と出演したきっかけを明かす。

 二人はそのほか、列車の車窓に映る日本の風景をリアルするために用いた撮影手法を明かし、ブラッドが「実際に移動している感覚があったんだ。一部のスタッフは乗り物酔いしてた(笑)」とコメント。ストーリーにフラッシュバックを取り入れたことについては、リーチ監督が「外の世界も入れたかった。数分間見せて電車に戻るのは、僕がこだわった構成だ。旅に彩りを与えようとした。それぞれの人物がこれまでたどってきた旅を、運命の旅として表現したかったんだ」などと熱弁。ブラッドとリーチ監督の長年にわたる絆も感じさせる、盛りだくさんのインタビュー映像となっている。

 映画『ブレット・トレイン』は、9月1日より全国公開。
    ニュース設定