UQコミュニケーションズ、一部WiMAX 2+帯域の5Gへの「転用」開始を延期 2022年12月以降に

1

2022年08月19日 21:41  ITmedia Mobile

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真UQコミュニケーションズが4月に行った告知を更新し、5Gへの転用開始時期を変更した
UQコミュニケーションズが4月に行った告知を更新し、5Gへの転用開始時期を変更した

 UQコミュニケーションズは8月19日、2.5GHz帯を利用する5G通信サービスの提供開始を2022年12月以降に延期することを発表した。当初は9月1日から順次提供する予定だった。



【その他の画像】



●転用後はWiMAX 2+の最大速度が“半減”



 同社では、保有する周波数帯の利用効率を高めるため、東名阪エリアの主要都市から順次、WiMAX 2+で利用している2.5GHz帯の一部を5G通信サービスに転用する計画を立てている。これに伴い、WiMAX 2+の下り最大通信速度(理論値)が440Mbpsから220Mbpsに“半減”する予定となっている。



 通信速度が順次低下することを受けて、同社と同社回線を利用するMVNO(KDDIと沖縄セルラー電話を含む)では、WiMAX+5G(au 5G)対応ルーターへの契約移行(変更)を優遇するキャンペーンを実施している。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定