ソフトバンク・中村晃ら6人が新型コロナ陽性 無症状の三森は試合出場も途中交代

3

2022年08月19日 23:12  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ソフトバンク・三森大貴 (C) Kyodo News
ソフトバンク・三森大貴 (C) Kyodo News
◆ 濃厚接触の疑いがある関係者はおらず

 ソフトバンクは19日、椎野新投手、三森大貴選手、中村晃選手、田中怜利ハモンド投手、球団スタッフ2人の計6人が新型コロナウイルス陽性判定を受けたと発表した。

 球団の発表によると、同日に実施したPCR検査で上記6人の陽性が判明。中村晃と田中ハモンド、スタッフ1人は喉の違和感などの症状があるものの、他3人は無症状とのこと。

 症状が出ていた中村は同日付の公示で「特例2022」を適用し出場選手登録を抹消されていたが、無症状の三森は同日に札幌ドームで行われた日本ハム戦に「6番・二塁」で先発出場。3回表の守備から途中交代していた。

 なお、今回陽性判定を受けた6人と濃厚接触の疑いがある球団関係者はいないとのこと。

 複数の一軍戦力が離脱し、上位争い真っ只中のチームにとっては痛い戦力ダウンとなりそうだ。

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定