人口10万人あたりの「ピザ店」登録件数ランキング 2位は「熊本」、3年連続の1位は?

0

2022年09月23日 09:41  ITmedia ビジネスオンライン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia ビジネスオンライン

写真ピザの店舗数が最も多い都道府県は?
ピザの店舗数が最も多い都道府県は?

 コロナ禍によりデリバリー需要は増加したが、ピザの店舗数に影響はあったのだろうか。NTTタウンページが、全国の登録件数の推移からどの都道府県に多く展開されているか調査したところ、10万人あたりの登録店舗数が最も多いのは3年連続で沖縄県だった。



【画像】ランキング結果を見る



 全国のピザ店の登録件数は、2013年から21年までの推移を見てみると毎年減少しており、13年の計測開始から年平均で63店舗ずつ減少している。一方、21年から22年の減少は35店舗と、やや減少幅は小さくなっており都道府県によっては微増しているところもあるという。その理由として同社は、「コロナ禍で進んだデリバリーとテークアウトの需要が増加したから」と考察する。



 20年から22年にかけての人口10万人あたりの登録件数トップ3は、3年連続で1位が沖縄県、2位は熊本県だった。3位には前年に続き石川県がランクインした。



 沖縄県は、登録件数を21年の3.20店舗から22年には8.11店舗まで伸ばした。同社は「県内産のトマトや豚肉を使った地産地消のメニューが多く、もともと外食が盛んな地域でもあったため、上位をキープしているようだ」と分析する。



 2位の熊本県はコロナ禍でも登録店舗数が減少せず、10位までに宮崎県以外の九州7県が全てランクインする結果に。



 調査は、20〜22年各6月時点におけるタウンページデータベースをもとに、人口約10万人に対するピザ店の登録件数を集計した。


    ニュース設定