ダルビッシュ6回2失点で自己最多タイ16勝目 圧巻6連勝でチームの連敗止める

30

2022年09月25日 12:42  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

ロッキーズ戦に先発登板したパドレスのダルビッシュ有
● ロッキーズ 3 − 9 パドレス ○
<現地時間9月24日 クアーズ・フィールド>

 パドレスのダルビッシュ有投手(36)が24日(日本時間25日)、敵地でのロッキーズ戦に先発登板。6回5安打2失点の好投で、メジャー自己最多タイの16勝目(7敗)を挙げた。

 初回、1番・マクマーンに先頭打者アーチを浴びるも、後続を退け最少失点スタート。2回は二死一、二塁のピンチを凌ぐと、直後の3回表に味方打線が2点を奪い逆転した。援護を受けた右腕はその裏、1番から始まる上位打線をキッチリ3人斬り。4回は先頭打者に四球を与えたものの、後続を3者連続三振に仕留めた。

 2点リードの5回は無死一、三塁のピンチを招いたが、犠飛による1失点で踏ん張り勝利投手の権利をゲット。6回は再びテンポ良く3者凡退で終えると、直後の7回表、味方打線が一挙に6点を奪いスコアは9−2となった。

 大量リードになったこともあり、ダルビッシュはまだ87球だったが6回5安打2失点、8奪三振1四球の内容でお役御免。この日も安定した投球でリーグトップを更新する24度目のクオリティスタート(6回以上、自責点3以下)を達成し、防御率は3.05となった。

 パドレスは投打が噛み合い連敗を「2」でストップ。この日はポストシーズン進出を争うフィリーズが敗れたため、パドレスはワイルドカード2位へ浮上した。ダルビッシュはメジャー1年目の2012年以来となる16勝目を挙げ、これで8月27日(同28日)のロイヤルズ戦から6戦6勝。ポストシーズン進出を目指すチームを力強く牽引している。

このニュースに関するつぶやき

  • さすがですね〜���
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(17件)

ニュース設定