C大阪が2年連続でルヴァン杯決勝進出! 敵地で浦和に4発快勝

7

2022年09月25日 19:00  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

浦和とC大阪が対戦した [写真]=J.LEAGUE via Getty Images
JリーグYBCルヴァンカップ・プライムステージ準決勝第2戦が25日に行われ、浦和レッズとセレッソ大阪が対戦した。

 21日に行われた第1戦ではC大阪が開始早々に先制したものの、浦和がアウェイゴールを獲得して追いつき、1−1のドローで決着。同試合からはともに先発を1人変更して第2戦に臨んだ。

 浦和が慎重に試合を進めるなか、先制したのはC大阪だった。23分、スルーパスに抜け出した毎熊晟矢がペナルティエリア右から折り返すと、これが相手DFのオウンゴールを誘い、C大阪が合計スコアでリードする。

 30分、C大阪がリードを広げる。左サイドの深い位置から為田大貴がグラウンダークロスを送ると、ボックス中央に入り込んだ奥埜博亮が受け取り、冷静に相手GKとの一対一を制した。C大阪は前半、浦和にシュートを打たせず、2点リードで折り返す。

 浦和は後半立ち上がりに最初のシュートを記録。ハーフタイムから投入された馬渡和彰が強烈なミドルシュートを放ったが、相手GKキム・ジンヒョンに阻まれた。

 すると51分、C大阪が決勝進出に大きく近づく3点目を獲得。山中亮輔が敵陣中央から柔らかい浮き球をゴール前に供給し、加藤陸次樹が頭で合わせて押し込んだ。

 窮地に立たされた浦和は67分に江坂任とキャスパー・ユンカーを投入。69分、小泉佳穂の横パスを受けたユンカーがトラップから鋭いボレーシュートを放つが、わずかに枠を外れる。

 試合終盤、C大阪がダメ押しの4点目を獲得する。北野颯太がハーフウェーライン付近で相手からボールを奪い、素早く縦につける。抜け出したジェアン・パトリッキが相手GKとの一対一を制してネットを揺らした。

 試合はこのまま終了し、C大阪が2戦合計スコア4−1で勝利。5年ぶりの優勝を目指すC大阪は2年連続の決勝進出となった。決勝戦は10月22日に国立競技場で行われ、C大阪はサンフレッチェ広島と対戦する。

【スコア】
浦和レッズ 0−4(合計スコア1−5) セレッソ大阪

【得点者】
0−1 23分 オウンゴール(C大阪)
0−2 30分 奥埜博亮(C大阪)
0−3 51分 加藤陸次樹(C大阪)
0−4 80分 ジェアン・パトリッキ(C大阪)

【スターティングメンバー】
浦和(4−2−3−1)
西川周作;関根貴大(67分 江坂任)、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩;伊藤敦樹、岩尾憲;松崎快(HT 馬渡和彰)、小泉佳穂(83分 柴戸海)、大久保智明(67分 キャスパー・ユンカー);松尾佑介

C大阪(4−4−2)
キム・ジンヒョン;松田陸、マテイ・ヨニッチ、鳥海晃司、山中亮輔;毎熊晟矢(83分 ブルーノ・メンデス)、奥埜博亮(83分 中原輝)、鈴木徳真、為田大貴(76分 ジェアン・パトリッキ);上門知樹(67分 清武弘嗣)、加藤陸次樹(67分 北野颯太)

このニュースに関するつぶやき

  • セレッソはなんとしても広島に勝て
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定