【RIZIN】寝技で3連敗の萩原京平「やっちゃったな」反省もファンのために再起を誓う

0

2022年09月25日 19:47  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『RIZIN.38』で鈴木千裕に敗れた萩原京平 (C)ORICON NewS inc.
■『湘南美容クリニック presents RIZIN.38』(25日/さいたまスーパーアリーナ)

 第2試合で鈴木千裕(23)とのストライカー勝負で、2ラウンドにリアネイキッドチョークで一本負けした萩原京平(26)が、試合後インタビューで「やっちゃったなというか、ま、実力がちょっとまだまだないなっていうのを改めて思いました」と反省した。

【試合後インタビュー動画】3連敗の萩原京平「やっちゃったな」反省も再起を誓う

 ともに打撃が持ち味のストライカー同士の試合、1ラウンドは萩原がカーフキックで鈴木にダメージを蓄積させるが、鈴木が組み付いて寝技に持ち込む。2ラウンドも同じような展開で萩原がカーフキックで追い込むも、鈴木がガッチリとグラウンドでバッグを取り、リアネイキッドチョークで首を絞め上げると、萩原がたまらずタップアウトした。

 3月の弥益ドミネーター、5月のクレベル・コイケに続き寝技で3連敗した萩原は「ここで勝つか負けるかでこの先がだいぶ変わると思ってたし、勝てる自信もあったんで、『ここで負けるか』と自分で思いました」と落胆の表情。

 クレベル戦後、課題の寝技の克服のためにタイとブラジルで海外修行を重ねてきたが「成果はすぐには出せない。もうちょっとそのコツコツ積み上げて、長い目で見ていこうってコーチと話をしたんで、今日はやっぱそういうところは出なかった」と振り返った。

 試合前には「勝って応援してくれている人たちと喜びたい」と語っていたが、その思いは実現できなかった。それでも「いつも応援してくれるファンのみんなには感謝してるし、3連敗しても変わらず応援してくれるファンを将来的に喜ばせたいので、このままじゃ絶対に終わらんっていう気持ちがある」と、崖っぷちからの再起を誓った。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定