大人のための星占い!2022年9月26日〜10月2日の運勢【おひつじ座〜うお座】

2

2022年09月25日 21:51  All About

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

2022年9月第4週の12星座占いです。この時期どんなことが起こるのか、星の動きからひも解いていきましょう。【大人のための星占い】をお届けします。
占術研究家・心理テストクリエーター章月綾乃の12星座占い。2022年9月26日〜10月2日の運勢を西洋占星術で占います。

シルバーウィーク明け、やるべきことは山積みです。でも、祝日のイレギュラーさが消えて、忙しいながらも効率よく動けるはず。これまでの遅れやモタつきを取り戻すつもりでテキパキと物事を処理していくとよさそう。人間関係は、ビジネスライクにさらっと流すのがお互いにラク。親しさよりも正確さを心がけていきましょう。

おひつじ座(3月21日〜4月19日生まれ)

小さな間違いが増えるでしょう。一つずつ修正や確認を入れたくなりますが、言われた方はアラ探しをされたように感じるみたい。ただ物事を正しく扱って欲しいだけなのに、なぜかヒートアップして、大事になってしまう恐れが。

なので、今週は黙ってカバーとフォローに回りましょう。例えば、言い間違いならばその場では指摘せずに、ほとぼりが冷めてから正しい名称で話題に出す、担当外でもプランBを考えておくなど、何があっても大丈夫な態勢を整えておくと安心です。

オフは、アートによい刺激が。愛は、オゴリや贈り物が功を奏します。

おうし座(4月20日〜5月20日生まれ)

バージョンアップのチャンス。やり方は、実に簡単です。基本をさらえばいいのです。慎重派のおうし座さんですから、何かを始める前に取説に目を通し、段取りよく進めますが、それでも、日々の繰り返しの中で自己流に流れてしまうのが人の常です。

無意識のアレンジ、省略などで変質してしまった部分に修正をかけていきましょう。自分で自分の間違いやロスに気付き、進化を遂げられるはず。

社交は、友達の友達など、少し遠い人とのご縁が活性化しそう。ハブになっている人の顔を立てると、プラスの関係に。

愛は、男のロマンを尊重してあげて。

ふたご座(5月21日〜6月21日生まれ)

なんだか話が通じない、ニュアンスを分かってもらえない、ツボが合わないなど、反応の鈍さ、センスのなさにうんざりしていませんか? でも、ズレているのは、あなたの方かも? 自覚している以上に疲れているし、感覚が鈍っているようです。なんだか変、やりにくいと感じたら、少し休んでみるのも手。

もしもリセットをかけるなら、寝るのが一番。仮眠を取ったり、早めに就寝をしたりしてみましょう。サウナの温冷浴、半身浴なども質の良い睡眠の導入になりそう。

おしゃれは、シンプル&ベーシックに。愛は、根回しと下調べでスムーズに進みそう。

かに座(6月22日〜7月22日生まれ)

知らず知らずのうちに、周囲の影響を受けやすくなっています。ネガティブな気分や張り詰めた感覚が抜けないのは、誰かの落ち込みや緊張に反応し過ぎているせい。共感力の高さはかに座さんの最大最強の武器ですが、自分と他人の境界線をしっかり引かないと消耗するばかりに。

なので、意欲の低下や憂鬱を自覚したら、気分転換でリセットをかけて。風通しのいい場所で小一時間のんびりするだけでも、元々あなた自身の悩みではないため、意外なほどあっさり抜けるはず。また、心がけたいのは、整理整頓。物の定位置を決めましょう。

愛は、言葉選びに気を付けて。

しし座(7月23日〜8月22日生まれ)

好奇心と打算がぶつかり合って、浪費に着地しそう。何か変わった体験をしてみたい、自分を特別だと感じたい気分と余計なことはしたくない、ソツなく省エネで進めたい思いが交じり合って、手っ取り早く「買う」を選びやすいのです。確かに気分転換や話のタネにはなるけれど、少々高くつき過ぎかも。

というわけで、今週は節約スイッチを入れましょう。お金を使わない日を増やすと、いつもと違うことをしたい願望もほどよく満たされ、ムダ遣いを防げていいこと尽くめ。

愛は、感謝の言葉が緩衝材に。「ありがとう」をあちこちに散りばめて。

おとめ座(8月23日〜9月22日生まれ)

あなたが感じている以上に、緊急性は高いようです。「そのうちやらなければ」は「今すぐ」、「なんとかしなければ」は「なんとしても」という感じ。ぼやぼやしている間に状況は悪化してしまい、元の状態に戻すまでにうんざりするほど時間と手間をかけなくてはならなくなります。

仕事の根回し、家族との対話、家計のやりくりなど、打つべき手はさっさと打ちましょう。今すぐこの占いを読むのをやめて動き出してもいいくらいです。

愛は、二重の仕掛けで。電話とメール、会話とメモや手紙のように、言いっ放しにせず、読み返せる形でつないで。

てんびん座(9月23日〜10月23日生まれ)

てんびん座に新月がかかる今週は、事始めのチャンスです。勉強や習い事、スポーツをスタートさせると軌道に乗るでしょう。そして、そこまでの意欲が沸かない人も何か新しいことを始めるとツキを呼び込めます。

空腹の時間を多くするオートファジーダイエットに挑戦したり、投資や動画の知識を増やしてみたり、変化の波を起こしてみて。このチャレンジ、仮に三日坊主で終わってもよいのです。次の流れの呼び水になるのでお楽しみに!

社交は、話が固まるまで待って。愛は、相手に合わせているうちに段々楽しくなってきます。

さそり座(10月24日〜11月22日生まれ)

無意識のバイアスに注意しましょう。聞き違い、解釈違い、伝言ゲーム的に話が変わってしまったり、意図的にミスリードされたりしそう。一人で考えずに誰か信頼できる人の意見を聞いてみる、その場で判断せずに時間をかけて検討すると迷走を防げるでしょう。

また、煽りにも弱くなっています。「言わずにはいられない」「やらないわけにはいかない」は、言わなくていいし、やる必要がないことです。今週は、地雷がいっぱい。注意深く避けて通れたら、あなたの勝ち!

愛は、待つ楽しみがありそう。約束や予告で、盛り上げましょう。

いて座(11月23日〜12月21日生まれ)

語るに落ちる運勢です。友好的な態度と見せかけて実は見下されている、ヤル気がないなど、相手の本音がピンとくるでしょう。ここは黙って泳がせるのが一番です。この先大事なシーンで対応を誤らずに済むし、人間観察の対象としてもなかなかの逸材となるはず。

また、今は未熟、生意気でも、後日勝手に改心して大成長を遂げる可能性も高いのです。「あの頃はろくでもなかった」と笑い合える関係になるかも。懐深く見守ってあげて。

おしゃれは、着崩しで親しみやすく。愛は、共通の目標、趣味を持つと、新鮮な気持ちで向き合えそう。

やぎ座(12月22日〜1月19日生まれ)

もっと自分を信用しましょう。これまでも絶体絶命のピンチを何度も乗り越えてきたではないですか。今回も同様に、ミラクルを起こせます。どう考えても無理、ならば、考えなければいいのです。ただ、手を動かす、足を運ぶうちに、状況は変わっていくでしょう。

また、不足は放っておくのがよさそう。ないならないなりに、なんとか形になるもの。なお、やぎ座さんの人生には「どうやって切り抜けたのかわからない」がいっぱいあると思いますが、今週もソレです。

パワーチャージは和食がベスト。愛は、無理はケンカのモト。相手と正直に向き合って。

みずがめ座(1月20日〜2月18日生まれ)

「いいですね」推奨週間です。とりあえず肯定しておけば間違いなさそう。それ以上の「どうします?」的な踏み込みはなしでニコニコしておきましょう。好意的だけど、フラットでニュートラル。このバランスでいけば、相手がよいように計らってくれるでしょう。

なお、9月26日は、アタックデー。新規開拓、記録更新、愛の告白など、本気で挑んでみて。

健康面では、持病の再発や悪化にご用心。疲れが弱点に出やすいのです。幸い、兆しはキャッチできると思うので、早め早めの対処を心がけておきましょう。

デートは、快適さをお金で買うといい感じ。

うお座(2月19日〜3月20日生まれ)

ごちゃごちゃのままでいきましょう。うまくやろう、整理しようと思うから、ストレスがかかるのです。また、今度余裕が出た時に取り組めばいいと割り切り、現状維持で進めていくのがベスト。「やらない」「変えない」と決めると気持ちに余裕が出て、状況は変わらないのにうまくやれそう。

そして、寄り道やついでの用事は、できるだけ控えて。心積もりよりも時間がかかって、本来のスケジュールに支障をきたす恐れが。シンプル&ラクチンが今週を乗り切るカギになります。

愛は、冷たすぎるかも? もっと優しく構ってあげて。お楽しみは“お取り寄せ”に。
(文:章月 綾乃(占いガイド))

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定