=LOVE齊藤なぎさ 涙の卒業発表 ファン「放心状態」「衝撃」 達筆な自筆メッセージ【全文】

0

2022年09月25日 21:54  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

涙ながらに=LOVE卒業を発表した齊藤なぎさ(25日、東京・国立代々木競技場第一体育館)
タレントの指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ「=LOVE」(イコールラブ)の齊藤なぎさ(19)が25日、東京・国立代々木競技場 第一体育館で開催されたデビュー5周年記念ライブ『=LOVE 5th ANNIVERSARY PREMIUM CONCERT』で、涙ながらにグループからの卒業を発表した。

【写真】美文字で卒業を報告した齊藤なぎさ

 終演後には自身のツイッターでも達筆な自筆のメッセージで卒業を報告。ファンはSNSで「なーたん卒業で放心状態」「なーたん衝撃だよね」「涙止まらん」「受け止めきれない」「なーたん、寂しいよぉ」と動揺が広がっている。ツイッターのメッセージ全文は以下のとおり。

■齊藤なぎさ ツイッターのメッセージ全文

齊藤なぎさです。

本日5周年ライブにて、卒業を発表させていただきました。
とても急な発表で驚かせてしまいすみません。

=LOVEという場所は、暖かくて優しくて大きくて、
小さい頃からアイドルをやらせていただくことになった私にとって、
青春時代を全て一緒に過ごしてきた大切な存在です。
私も、できることならまだまだずっとこんな素敵な居場所である
=LOVEにいたい気持ちはあります。
ですが、高校を卒業して来年20歳を迎える今、
この居心地のいい場所に甘え続けてしまうことに対して
何度も悩んだ結果、ここから1歩外に踏み出すことに決めました。

きっとこれから進む道は、今以上に厳しくなると思うし、
相当な覚悟で挑まなければいけないと感じています。
でも.自分の人生は1度きりだからこそ、自分の意思を大切
にして頑張ってみたいです。

私を見つけてアイドルという夢を叶えてくださり、たくさんの愛を注いで、
いろんなことを教えてくださった指原さん。
こんな私のことをずっとずっと支えてくれて、どんな時でも暖かく迎えてくれて
そばにいてくれたメンバー、そして優しいスタッフさん。
何より、私のことをずっと好きでいてくれて守ってくれたファンの皆さん。
ここまでずっと応援してくださって、本当にありがとうございます。

私は、私のファンでいてくださる方のことを大好きな気持ちは
誰にも負けないと初期の頃から思っています。
それは今もずっと変わりません。1人1人のことを大切に想っているし、
こんな素敵なみんなに出逢えたことは人生の宝物です。

=LOVEに私がいることで、みなさんを複雑な気持ちにさせてしまったこともあるかもしれません。
本当にごめんなさい。
何度も色んな言葉に心が折れそうになったことがありました。
でもそれでも、味方でいてくれて信じてそばにいてくれた
みんなのおかげでこの5年間私は頑張り続けられたと思います。

卒業までの間、みんなともっと想い出を作りたいです。
そして、=LOVEとしてできることを全力で最後まで頑張りたいと思います。
私のアイドル人生を最後まで一緒に見届けていただけたら嬉しいです。

■齊藤なぎさ プロフィール
2003年7月6日生まれ、神奈川県出身。2017年4月、「代々木アニメーション学院 Presents 指原莉乃プロデュース声優アイドルオーディション」に合格し、=LOVEの結成メンバーに。同9月、シングル「=LOVE」でデビューした。2019年には、オムニバス映画『夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風』内の『ナツヨゾラ』で初主演。今年1月期のテレビ朝日系『もしも、イケメンだけの高校があったら』など、テレビドラマにも出演している。愛称なーたん。

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定