ローソン “アバター従業員”1000人採用へ 1人が複数店で“遠隔同時勤務”も

2

2022年09月26日 11:52  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真

 ローソンは、アバター事業を手掛けるAVITA(代表:石黒浩氏)と協業し、11月末に都内にオープンする新型店舗「グリーンローソン」にアバターを設置し、オペレーターが遠隔操作して接客するサービスを導入する。



【その他の画像】



 まず、グリーンローソンのアバターを操作するアルバイト・パート従業員10〜30人を募集・採用する。2025年度中に全国のローソン店舗に勤務する1000人の育成を目指す。



 アバターワーカーは、新型店舗「グリーンローソン」に設置されたアバターを、勤務地からPCで遠隔操作し、身振り手振りを交えながら会話して接客・販売促進などを行う。



 まずあいさつなどから始め、適性や熟練度に応じて顧客からの問い合わせ対応なども行う。一つのアバターの操作が十分できるようになった後には、同一店内の複数のアバターや、複数店舗に設置されたアバターを同時に担当してもらうことも想定している。



 時給は1100〜2000円。勤務地は東京のローソン本社(品川区)や大阪の国際障碍者交流センター(堺市)など。将来は、在宅勤務を可能にすることも検討している。



 アバターワーカー希望者の応募はWebから受け付け、書類審査や実技・面接試験で合格者を決める。約1週間の研修後、勤務を開始する。



 グリーンローソンで検証を行った上で、2023年度中、東京・大阪のローソン10店舗で働くアバターワーカー50人を育成。2025年度中に1000人の育成を目指す。


このニュースに関するつぶやき

  • …川崎朝鮮初級学校におにぎり無償配布した件は許さねーからなローチョン(唾棄
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定