『魔術士オーフェン』第3期、来年1月放送開始 アーバンラマ編で新規キャストに小野大輔・青木志貴 【PV公開】

32

2022年09月26日 19:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『魔術士オーフェンはぐれ旅 アーバンラマ編』のティザービジュアル (C)秋田禎信・草河遊也・TOブックス/魔術士オーフェンはぐれ旅製作委員会2023
テレビアニメ『魔術士オーフェン』の第3期『魔術士オーフェンはぐれ旅 アーバンラマ編』が、2023年1月より放送されることが決定した。アーバンラマ編から新たにエド役の小野大輔、ロッテーシャ役の青木志貴が出演。ティザービジュアルとPVが公開された。

【動画】神作画!キャラボイス聴ける『魔術士オーフェン』第3期のPV

 『魔術士オーフェン』は、1994年から2003年にかけて『はぐれ旅』20巻、『無謀編』13巻の計33冊が発売され累計1400万部を突破している人気ライトノベルが原作で、非合法の金貸しを営む魔術士・オーフェンが、魔物の姿になってしまった天才魔術士・アザリーをつかまえて元に戻すため、仲間とともに旅をするファンタジー。

 アニメは1998年と1999年に続き、シリーズ生誕25周年を記念して2019年『魔術士オーフェンはぐれ旅』、2020年『魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編』が放送。

 第3期『魔術士オーフェンはぐれ旅 アーバンラマ編』は、キムラック教会総本山での戦いは、オーフェンの義姉アザリーの犠牲によって終結した。行方知れずとなったアザリーを探す道中、オーフェン一行は謎の女剣士ロッテーシャと出会う。彼女との出会いから始まる、《魔剣フリークダイヤモンド》を巡る戦い、≪聖域≫からの暗殺者との衝突、かつての兄弟子との再会…そして、明らかになるロッテーシャの正体と目的…。世界の運命を変える旅を描く。

■キャスト
オーフェン:森久保祥太郎
クリーオウ:大久保瑠美
マジク:小林裕介
ボルカン:水野まりえ
ドーチン:渕上 舞
エド:小野大輔
ロッテーシャ:青木志貴

■スタッフ
原作:秋田禎信(TOブックス刊)
原作イラスト:草河遊也
監督:浜名孝行
シリーズ構成:古怒田健志
キャラクターデザイン:菊地洋子・りお
色彩設計:桂木今里
美術監督:荒井和浩
撮影監督:近藤慎与
CG監督:大嶋慎介
音響監督:平光琢也
音楽:Shinnosuke
音楽制作:ランティス
編集:小野寺桂子
アニメーション制作:スタジオディーン


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • #我は放つ光の白刃。
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(15件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定