殊勲のGKシュミット・ダニエル「危ないプレーもありましたけど、なんとかゼロで」

1

2022年09月27日 23:56  サッカーキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真
『FIFAワールドカップカタール2022』の開幕を約2カ月後に控えた日本代表は27日、ドイツで行われた『キリンチャレンジカップ2022』でエクアドル代表と対戦。押し込まれる場面の多い苦しい試合展開となったが、GKシュミット・ダニエルの好守もあり、0−0の引き分けという結果に。試合後、フラッシュインタビューに登場した日本代表のGKシュミット・ダニエルが、自身のプレーを振り返った。

 前半からエクアドルの素早い攻撃やセットプレーに苦しみ、GKシュミット・ダニエルがギリギリのところでゴールを守っていたが、自身のプレーについて守護神は「CKでけっこう嫌なところにずっとボールを入れられていたので、それを凌ぐのが大変で、そこで危ないプレーもありましたけど、なんとかゼロで抑えられて、PKも止められて良かったです」とコメント。課題を口にしながらも、ゴールを与えなかったことを喜んだ。

 また、本大会まで残り2カ月を切った状況については、「まずはチームで結果を出すこと。チームの順位を少しでも上に押し上げることで、勝つ集団を作っていくことが代表の活動にもつながると思うので、そこを意識して頑張っていきます」と述べ、所属クラブでの活躍を誓った。
    ニュース設定