「第13世代Coreプロセッサ(Raptor Lake)」登場 “世界最速”のアンロック対応デスクトップ向けから

0

2022年09月28日 01:31  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

第13世代Coreプロセッサ(Raptor Lake)のアンロック対応デスクトップ版は「世界最速のデスクトッププロセッサ」をうたう

 Intelは9月27日(米国太平洋夏時間)、自社イベント「Intel Innovation 2022」において、「第13世代Coreプロセッサ(開発コード名:Raptor Lake)」のハイエンドデスクトップ向け製品を発表した。米国では10月20日の発売を予定しており、想定販売価格は294ドル(約4万2500円)〜589ドル(約8万5000円)となる。



【その他の画像】



 なお、一般のデスクトップ向け製品やモバイル(ノートPC)向け製品に関する情報は、後日改めて発表される。



【追記:2時】今後登場予定の製品について追記しました。画像も追加しています。



●第13世代Coreプロセッサの概要



 第13世代Coreプロセッサは、第12世代Coreプロセッサ(開発コード名:Alder Lake)の改良版である。製造プロセスは「Intel 7(10nmプロセス)」で変わりないが、以下の取り組みを通してパフォーマンスの向上を図っている。



・パフォーマンスコア(Pコア)の最大クロックの向上



・今回発表された製品では最大5.8GHzでの駆動に対応



高効率コア(Eコア)の基数の増加



・今回発表された製品では最大16コア16スレッドに



Eコアの最大クロックの向上



・今回発表された製品では最大4.3GHzに



L2キャッシュの容量増加



・Pコアは1基当たり2MBに



・Eコアは1ユニット(4基)当たり4MBに



L3キャッシュ(Intel Smart Cache)の容量増加



・今回発表された製品では最大36MBに



より高速なメモリモジュールのサポート



・今回発表された製品ではDDR5-5600をサポート(DDR4メモリは従来通り)



 上記の改良により、最上位製品の「Core i9-13900K」は、従来の最上位製品である「Core i9-12900K」と比べてシングルスレッド性能は最大15%、マルチスレッド性能は最大41%向上したという。



 各種改良に伴い、CPU自体の最大消費電力(後述)も少し高くなっている。ただし、Intelの説明によると、Core i9-13900Kは65Wの電力でCore i9-12900Kのフルパワー(241W)と同等のマルチスレッド性能を発揮できるという。消費電力を抑えて運用しても、パフォーマンスの改善を期待できるようだ。



 PコアとEコアに作業を割り振る「Intel Thread Director(ITD)」にも改良が加えられ、Windows 11 2022 Updateで改良されたタスクスケジューラーと組み合わせることで、特にバックグラウンドタスクの処理効率が向上するとのことだ。



 その他の主な仕様は、第12世代Coreプロセッサと変わらない。チップセットとマザーボードや無線LAN/Bluetoothモジュール(※1)は、第12世代Coreプロセッサ向けのものを流用可能だ(※2)。



 一方で、Intelは第13世代Coreプロセッサの登場に合わせて、新型チップセット「Intel 700シリーズ」を発表した。Intel 700シリーズは現行の「Intel 600シリーズ」に機能を追加したものだという。概要スペックが出ている最上位製品「Intel Z790」は、現行の最上位となる「Intel Z690」と比べると、以下の改良が施されているという。



・チップセット側のPCI Express 4.0バスのレーンを8つ追加



・USB 3.2 Gen 2x2ポートの最大数の増加



・DMI 4.0バスの実効通信速度の改善



(※1)Wi-Fi 6E(6GHz帯のIEEE 802.11ax)に対応するモジュールは、現時点において日本国内で6GHz帯を使った通信に対応しません。Intelは6GHz帯を含む認証を取得する手続きを進めていますが、実際に使えるようになるかどうかはマザーボードメーカーの対応次第となります(※2)第13世代Coreプロセッサを搭載する前に、UEFIを更新しなければならない場合があります



●今回のラインアップ



 先述の通り、今回発表されたのはデスクトップ向け製品(Raptor Lake-S)のうち、CPUやメモリのアンロック(≒オーバークロック)に対応するもの(型番の末尾に「K」が付くもの)だ。実際にアンロックできる範囲は、組み合わせるマザーボードのチップセットによって異なる。内蔵GPU(Intel UHD Graphics 770)を備えるモデルの他、内蔵GPUを省いたモデル(型番の末尾に「F」が付くもの)も用意される。



 具体的なラインアップは以下の通り。



・Core i5-13600K(F)



・CPU(Pコア):6コア12スレッド(3.5GHz〜5.1GHz)



・CPU(Eコア):8コア8スレッド(2.6GHz〜3.9GHz)



・L3キャッシュ容量:24MB



・消費電力(ベース):125W



・消費電力(最大):181W



・想定販売価格(GPUなしモデル):294ドル(約4万2500円)



・想定販売価格(GPU付きモデル):319ドル(約4万6000円)



Core i7-13700K(F)



・CPU(Pコア):8コア16スレッド(3.4GHz〜5.4GHz)



・CPU(Eコア):8コア8スレッド(2.5GHz〜4.2GHz)



・L3キャッシュ容量:30MB



・消費電力(ベース):125W



・消費電力(最大):253W



・想定販売価格(GPUなしモデル):384ドル(約5万5500円)



・想定販売価格(GPU付きモデル):409ドル(約5万9000円)



Core i9-13900K(F)



・CPU(Pコア):8コア16スレッド(3GHz〜5.8GHz)



・CPU(Eコア):16コア16スレッド(2.2GHz〜4.3GHz)



・L3キャッシュ容量:36MB



・消費電力(ベース):125W



・消費電力(最大):253W



・想定販売価格(GPUなしモデル):564ドル(約8万1500円)



・想定販売価格(GPU付きモデル):589ドル(約8万5000円)



●2023年初頭には「Core i9-13900KS(仮)」が登場?



 Intelによると、第13世代Coreプロセッサは今回発表した6モデルを含めて50超の製品を用意しているという。先述の通り、そのラインアップは後日発表となるが、2023年初頭に数量限定で最大6GHz駆動に対応するデスクトップ向けCPUを発売することが判明した。第12世代Coreプロセッサにおける数量限定モデルの例に従うと、そのモデル名は「Core i9-13900KS」になる可能性が高い。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定