インリン、グラドル時代の“年齢サバ読み”告白 さとう珠緒は大物芸能人との“ケンカ”ぶっちゃけ

0

2022年09月28日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

28日放送のバラエティー『上田と女が吠える夜』2時間スペシャル(C)日本テレビ
28日放送の日本テレビ系バラエティー『上田と女が吠える夜』2時間スペシャル(後7:00)では、鈴木蘭々、中山エミリ、インリン、坂下千里子、さとう珠緒、保田圭、大久保佳代子、MEGUMI、若槻千夏、ファーストサマーウイカ、SPゲストに伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)を迎え、平成バラエティーを生き抜いた女たちが、し烈な時代を振り返る。

【番組カット】さとう珠緒は大物芸能人とのケンカをぶっちゃけ

 冒頭から、上田晋也が「ごめんね、伊野尾くん。ちょっときょうピリついてるらしいので…」と番組をスタートさせると、伊野尾も「そのピリピリ感はスタジオ入った時にちょっと感じました」とコメント。若槻も「絡んだこともあるけど、先輩なんですよ。こんな一気に集まると思ってないし、ひと番組、一人でいい人達なんですよ。」と、通常と異なる雰囲気に圧倒されていることを打ち明ける。

 当時をよく知らない若者世代のためにも、平成バラエティーを生き抜いた女たちの活躍をまずはプレイバック。平成のグラビア界を席巻したインリンは、現在は夫や子どもたちと一緒に台湾暮らし。テレビ出演は「たぶん4、5年ぶり」とのことで「(今回の)メンバーを見て、すごく会いたいなと思って」出演を決め、この番組のためにわざわざ台湾から来日したことを報告する。

 久々に会った坂下から「同じ年だったのに、急に年下になってたからビックリしちゃった」と、当時とは違う“年齢”に言及が及ぶと「ちょっとサバ読んでました」とサラりと暴露し、スタジオ大爆笑となる。過酷な平成グラビアアイドル裏側秘話も飛び出し、皆興味津々の様子で聞き入る。

 不思議系キャラで一世を風靡した鈴木は「今見ても不思議が過ぎるな」と自身の過去の映像にコメント。ブレイクのきっかけとなった番組の過酷すぎた収録現場を振り返る。坂下は、バラエティー番組出演時の極意を明かす中で、MEGUMIがみた、坂下の収録当日のスタジオ入りの様子に皆、「努力だね」「コミュニケーション術だ」と感嘆の声が。保田は、モー娘。を卒業後について「恋愛上手くいかないキャラみたいなのでやってて、その中で、当時男性告白するコーナーみたいなのがけっこうあって…」と、マネジャーが“とにかく保田圭をどうにか前に”という思いで、片っ端から仕事を取ってきてくれた結果の珍事件を告白する。

 ぶりっ子キャラで活躍したさとうは「当時のバラエティーは“ケンカしてくれ”という要求が多かった」と振り返り、ある大物芸能人とのケンカを暴露。スタッフの要求通りに、思ってもいない悪口を言ってしまったところ、相手は怒って楽屋に引きこもり、収録が中断してしまったという。スタジオではその実際の映像も紹介する。

 メンバー全員が平成生まれで、Hey! Say! JUMPとして15周年を迎える伊野尾も、これまでで困った仕事、過酷だった仕事を打ち明け、しまいには、鈴木が全員を見回して「皆さんすごく魂を使ってるから、幸せになってほしい…」と思わずこぼしてしまうほど、番組は大盛り上がりとなった。

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定