「同性婚は気持ち悪い」自民党の愛知県議の投稿に非難相次ぐ 「また自民党」「呆れ果てるレベル」

79

2022年09月28日 12:18  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

画像は愛知県議会の公式サイトより

 自民党に所属する愛知県の渡辺昇(わたなべのぼる)県議によるSNS上での「同性結婚なんて気持ち悪い事は大反対!」という発言が、「また自民党」「差別発言」などと非難を浴びています。なお、9月28日10時現在、該当投稿は削除済みです。



【実際の投稿】「同性結婚なんて気持ち悪い事は大反対!」



 問題視されている発言は、あるFacebookユーザーによる「キューバで同性婚が認められました。日本はいつですか? 明日でもいいですよ」という投稿に対して返信されたもの。渡辺県議は「キューバはキューバです。同性結婚なんて気持ち悪い事は大反対!」と述べています。



 該当発言は9月27日の夕方ごろからTwitter上で、発言をスクリーンショットした画像が拡散され始め、9月28日10時00分現在は1000以上リツイートされるなど、大きなバッシングを浴びています。



 また、渡辺県議は過去にもFacebook上で、同じFacebookユーザーによる「未届は同性のカップルは使えません。2人で築いた財産も家も相続できません。法律婚したい人には一律でその権利を認めるべきです」という主張に対して、「同性婚は日本では法的に認められておらず論外です!」と返信していることが編集部で確認できています。



 Twitter上では今回の発言について、「また自民党。呆れ果てるレベル」「差別発言をする人が議員にまでなれてしまう社会が恐ろしい」「『気持ち悪い』という言葉の対象となった愛知県在住のLGBTQの子どもたちは、胸をはって生きようと思えますか?」などの声が広がっています。



 昨今、自民党議員による同様の発言が相次いでおり、8月には衆議院の城内実議員がLGBTなど性的少数者への差別解消について取り組む人々について「お花畑正義感の人たち」などと発言。9月には東京・江東区の星野博区議が同性パートナーシップ制度について「少子化の進行につながることを危惧している」などと発言していた、と新聞各紙に報じられています。



●渡辺県議が謝罪 面識ない女性に「ホテルまで来て」と連絡【10月5日11時00分追記】



 渡辺県議は10日4日、抗議に訪れた市民団体に対して、「私の勉強不足であのような発言になってしまいました。本当に申し訳ありませんでした」などと謝罪しました。新聞各紙やNHKニュースが報じています。



 また、渡辺県議は面識のない仙台市の樋口典子市議に「ホテルまでお越しください」などのメッセージを送信したり、他の面識のない地方議員に執拗に電話したりしていたことも明らかになっています。渡辺県議はこの点について、情報交換が目的であり、シティホテルやビジネスホテル、喫茶店で話をしたいという意図だったなどと弁明しています(※)。



※テレビ朝日の報道より


このニュースに関するつぶやき

  • 同性愛が気持ち悪いと言ったのではなく同性婚が気持ち悪いと言ったんだよね、そこ微妙にニュアンスが違うから言ってる事も分かる気がするが公人がこういう発言するのは良くないな。
    • イイネ!19
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(69件)

ニュース設定