岡田結実、人生の分岐点は出川哲朗との出会い「ボスが頑張っているから自分も頑張ろう」

5

2022年09月28日 14:55  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

BSテレ東『最果てから、徒歩5分』に出演する(左から)柳俊太郎、岡田結実、内山理名、竹財輝之助(C)糸井のぞ/新潮社・「最果てから、徒歩5分」製作委員会 2022
俳優の岡田結実(22)が28日、BSテレ東の主演ドラマ『最果てから、徒歩5分』(10月1日スタート、毎週土曜 後9:00)のオンライン記者会見に出席。ストーリーに絡めて人生の分岐点を聞かれ、お笑い芸人・出川哲朗との出会いを挙げた。

【場面写真】ピンクヘアー&ツインテールのすもも(岡田結実)

 岡田は「私は今もバラエティーも役者業もやらせていただいて、どっちにもこの人と出会えてよかったなという人がいるんですけど」と断ったうえで、「パッと浮かぶのは小さい頃からお世話になっている出川哲朗さん」と答えた。

 出川を“ボス”と表現した岡田は「アツアツおでんの食べ方とかリアクション芸を教えてもらった」と懐かしみ、「ボスが頑張っているから自分も頑張ろうと思える」としみじみ。テレビ東京『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』にゲスト出演したエピソードも振り返り、「放送されない裏側でもずっと心配してくれて、『一緒に原付で旅できてうれしい』とウソなく言ってくれる」と感謝の言葉があふれた。

 同作は、糸井のぞ氏の同名漫画(新潮社バンチコミックス刊)を実写化し、岡田がゴールデンタイムのドラマで初主演を務める。ある事情で生きることも死ぬこともできなくなり、自殺の名所から徒歩5分の宿泊設備を備えたレストラン「オーベルジュ・ギルダ」を訪れた主人公すもも(岡田)が、店主の夕雨子(内山理名)、店員の息吹(柳俊太郎)、シェフの膳(竹財輝之助)と共に店で働くことになるというストーリー。

 岡田は「台本を読んですごく救われたというか、これまで死を意識したことなかったけれど、無意識のうちに苦しい自分がいたんだなという瞬間が読んでいるうちにあった」と吐露。「生と死を扱うドラマだけど、笑いもある」とアピールし、この日も共演者らと和気あいあいのトークを繰り広げた。

このニュースに関するつぶやき

  • 多くの失敗してるけど生き残ってる哲ちゃんについて行けば大丈夫���ޥ���しっかりケツもってもらいな����ʴ򤷤�����ؤ�OK
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定