中村倫也が卓越した表現力で7つの人格を演じ分ける『水曜日が消えた』配信

0

2022年09月28日 19:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真

気鋭の映像クリエイターを選出するプロジェクト「映像作家100人 2019」に選ばれ、本作が初長編監督作品となる吉野耕平がメガホンを取った映画『水曜日が消えた』。『ウェディング・ハイ』『ハケンアニメ!』など話題作が続く中村倫也を主演に迎えた本作が映像配信サービスdTVで配信開始された。



中村倫也が演じるのは、幼い頃の交通事故をきっかけに、ひとつの身体の中で曜日ごとに入れ替わる“7人の僕”。性格も個性も異なる7人の人格は、毎日曜日ごとに入れ替わり、お互いを「曜日」で呼び合っている。物語の中心にいるのは、その中でもいちばん地味で退屈な存在の「火曜日」。
家の掃除、荷物の受け取り、通院、、、ほかの曜日から何かと押しつけられて、いつも損な役回り。
そんなある日「火曜日」はいつも通り単調な一日を終えると、また一週間後に備えて、ベッドに入る。
しかし「火曜日」が朝目を覚ますと、周囲の様子がいつもと違うことに気付く。見慣れないTV番組、初めて聞く緑道の音楽…目覚めたのは、なんと水曜日の朝!そう、「水曜日」が消えたのだ。水曜日を謳歌する「火曜日」だったが、その日常は徐々に驚きと恐怖に変わっていく。残された「火曜日」はどうなってしまうのか―。


曜日ごとに入れ替わる7つの人格に分かれて生きるという設定の複雑なキャラクターに挑んだ中村倫也。
7人のキャラクターは言葉遣いも立ち振る舞いもまったく別物。それらを自在に演じ分ける卓越した表現力と、“7人の僕”たちが織りなす奥深いドラマは必見だ。


また、“7人の僕”を全員知る元同級生・一ノ瀬役に石橋菜津美、物語の鍵を握る図書館司書・瑞野役に元乃木坂46深川麻衣、少年時代から“7人の僕”を見守る医師・安藤役にきたろう、安藤の教え子で“7人の僕”を見守る新任医師・新木役に中島歩、「月曜日」の友人・高橋にゲスの極み乙女のベーシストである休日課長など、個性的なキャストが勢揃いし、物語の世界へ誘う。


想像を超える展開にどんどん惹き込まれること間違いなしの『水曜日が消えた』。この機会に、dTVでチェックしてみてはいかがだろうか。



(C)2020『水曜日が消えた』製作委員会


    ニュース設定