2016年のタカラトミーの決算資料がカオスすぎると掘り起こされ話題に 「これがプロのパワポ芸か」「ボーボボの世界」

35

2022年09月28日 21:07  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

商品の実績を誇るマッチョな「強いJAPAN」アイコン。なんと4ページ連続で現れたのち、「ASIA RISING」とか言い出します

 タカラトミーの2016年3月期決算資料が、「デザインがヤバすぎる」と話題です。途中からイラストや写真が激しく主張し出して、作業中に何か悪い物でも食べたの? ってくらいカオス。



【その他の画像】



 当該の資料は、序盤のページこそ連結損益計算書やら販管費明細やら無機的なデータが並んでいますが、7ページ目に大きな「革」の文字が現れたあたりから、突然ビジュアルが増えて異質なムードに。ムキムキの「JAPAN」アイコンが国内商品の好調を誇ったり、「下降線のお面」を着けた大量のビジネスマンが海外での不調を表したり、業績の好不調を視覚的に伝えてきます。



 ほかにも、大勢の子どもがメガホンで好成績を叫んだり、リカちゃんが日経のヒット商品番付入りをアピールしたり――。これが決算説明会というお堅い場で公開されたかと思うとじわじわくるページが続々。6年前の資料ながら、あるTwitterユーザーに発見されたことで広まり、「これがプロのパワポ芸か」「ボーボボじゃないですか」「ボブネミミッミみたい」「パワポにイラストや写真を入れないと死ぬ時代だったの?」などと反響を呼びました。



 なお、タカラトミーのIRライブラリーを確認したところ、こうした決算資料の“クセ”は、2013年から少しずつ顔を出してきたもよう。その後年々エスカレートして、今回話題となった2016年分でピークを迎えるも翌年にはおとなしくなり、2018年には影を潜めています。どこかで我に返った感すごい。


このニュースに関するつぶやき

  • 読みものなら面白い方がいいもんな。エンタメ系の株主ってファンが多いから、ファンに好かれたいってのを前面に出した方が安定株主になってくれたりするんよな。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(19件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定