Travis Japan 全世界メジャーデビュー決定、10・28に配信リリース決定&単独のYouTubeチャンネル開設

0

2022年09月29日 10:10  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真

ジャニーズ Jr.の人気グループ Travis Japanが、この度ユニバーサルミュージックグループ傘下の世界的大手レコードレーベルでもある Capitol Records(米・L.A.)と契約し、10 月 28 日(金)に全世界配信リリースをもってメジャーデビューすることが決定し、本日、アメリカ・ロサンゼルスにて契約調印式が行われた。




調印式は、9 月 29 日朝 4 時(日本時間)から、ユニバーサルミュージックグループ本社(米・サンタモニカ)で行われ、Travis Japan が待つ中、Universal Music Group 会長兼 CEO Lucian Grainge(ルシアン・グレンジ)、CapitolMusic Group 会長兼 CEO Michelle Jubelirer (ミシェル・ジュベリラー)が入室。


ルシアンが「なんだか新しいミュージックビデオの撮影みたいだね!会えてうれしいよ。L.A.へようこそ!」続いてミシェルが「みんなとスーツがお揃いだわ」と Travis Japan と英語で挨拶を交わした後、契約書にサインを行った。契約書サイン後、ミシェルからは「おめでとう!」と改めて、お祝いの言葉が添えられ、Travis Japan の新たな門出となった。


Travis Japan は、「世界展開を描けるグループに」と、2012 年にマイケル・ジャクソンの振付師である Travis Payneがオーディションを行い、メンバーが構成され、グループ名も Travis Payne に肖り“Travis Japan”となった。メンバー変遷を経て 2017 年より現在の 7 名で活動。オリジナル楽曲でのパフォーマンスやアリーナ規模の単独公演を行うなど、ジャニーズ Jr.内でもその高いダンススキルとキャラクターで人気を博しメジャーデビューが待ち望まれる中、今年 3 月よりアメリカ・ロサンゼルスに留学。共同生活を行いながら語学とパフォーマンススキルを磨くべくレッスンを受けていた。


渡米直後、世界最大のアーバン・ダンス・コンペティションである『WORLD OF DANCE』に参加し、地区予選を3位で通過すると、全米大会のチーム部門で4位の成績を収め、7 月の世界大会ではチーム部門で9位に入賞し高いダンススキルを証明する中、7 月にはアメリカの人気オーディション番組『America’s Got Talent』に出演。彼らの持ち歌でもある「夢のハリウッド」英語バージョンを披露し、完璧なフォーメーションとシンクロダンス、そして華麗なアクロバットやアカペラも交えたパフォーマンスで観客を魅了。


審査員だけでなく会場の観客のスタンディングオベーションを浴び、セミファイナル進出を果たした。短期間の間に着実にアメリカでの実績を積み上げ、『WORLD OF DANCE』から『America’s Got Talent』に行きついた経緯や、そしてそのパフォーマンス力が Capitol Records の担当者の目に留まり、この度 Capitol Records より全世界メジャーデビューが決定したとのことだ。


更に、全世界配信デビューを記念して、メジャー発表と同時に Travis Japan 単独の YouTube チャンネルも開設した。10 月 28 日のデビュー曲配信の詳細は、これから続々と情報が解禁されていくとのことなので、是非とも注目してほしい。


    ニュース設定