お酒を注ぐと変化する ライオン彫刻の江戸切子

1

2022年09月29日 10:20  OVO [オーヴォ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

OVO [オーヴォ]

お酒が入っている状態

 伝統的な江戸切子といえば精緻な文様がイメージされるが、これはお酒を注ぐと底面に刻まれたライオンが側面にも広がっていく、かわいい仕掛け切子だ。このライオンを彫刻した「ライオン切子」(GLASS−LAB・東京、税込み18,700円)が発売された。椎名切子のホームページのほか、東京の銀座三越でスタートした「東京手仕事展 〜暮らしを彩る匠の技〜」でも購入できる。

 江戸切子の技法の一つ「平切子」と、「サンドブラスト」という二つの技術を組み合わせた「砂切子」というオリジナルの江戸切子。平切子を側面に施し、底面のライオンはサンドブラストで彫刻してある。ライオンのデザインは、銀座三越でのイベントを記念したもの。一献傾けながら、かわいいライオンが広がっていくのを見るのは楽しそうだ。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 猫が大きな「トラ」になるヤツはないかな?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定