『ゴルゴ13』作者・さいとう・たかをさん、お別れ会に漫画家仲間が続々参加 功績や思い出語る「先見の明があった」

2

2022年09月29日 10:40  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

「先見の明があった」とさいとうさんを称えた(左から)秋本治、ちばてつや、里中満智子(C)ORICON NewS inc.
昨年9月24日にすい臓がんのため84歳で亡くなった、『ゴルゴ13』などで知られる漫画家さいとう・たかをさんのお別れ会が29日、帝国ホテル(東京)で行われた。漫画家仲間や関係者、約320人が参列し、囲み取材では親交があった漫画家・ちばてつや氏(代表作:『あしたのジョー』)、里中満智子氏(『アリエスの乙女たち』)、秋本治氏(『こちら葛飾区亀有公園前派出所』)が、さいとうさんへの思いを語った。

【写真】参列者に配られたゴルゴ13の色紙

 さいとうさんの人柄や思い出について、ちば氏は「昔、漫画は子どもが読むものでしたが、今は大人たちも読むものになりました。さいとうさんは50年前から『漫画・劇画は大人たちも楽しめるものだ!』と先見の明があった、私たちの先頭に立っていた方でした」とし、「デビューしてから間もなくして、資料を集める人、絵を描く人、脚本を書く人…作品の最後に名前を記載するなど補助する人たちを大切にした方でした。映画と同じ作り方をする人でしたので、先見の明があった方でした」と業界に与えた功績を称えた。

 秋本氏は「ストーリーも緻密で衝撃を受けた。出版社の多く人たちの影響を受けて、僕らは劇画に憧れて、目指した星の頂点はさいとう先生でした」とし、「さいとう先生はサングラスをかけて(体も)大きい方で怖い印象でした(笑)。パーティー会場で見かけた時、勇気を出して声をかけると気さくな方でした」と人柄を語った。

 お別れ会の会場入口には、さいとうさんの代表作『ゴルゴ13』の主人公・デューク東郷のパネルや等身大フィギュアが飾られ、お別れ会を見守っていた。参列者には、ゴルゴ13が描かれた色紙も配られたほか、さいとうさんの画業人生を振り返った資料やキャラクターのイラスト、コミックス約600冊、雑誌150冊が展示され、“ゴルゴ13づくし”のお別れ会となった。

 さいとうさんは1936年11月3日生まれ。和歌山県出身。55年、『空気男爵』で漫画家デビュー。68年「ビッグコミック」創刊号にて『探し屋はげ鷹登場!!』を連載。同年、同誌にて『ゴルゴ13』の連載を開始し、50年以上続く長期連載となり、同作で第21回小学館漫画賞、日本漫画家協会賞「大賞」、第50回小学館漫画賞審査委員特別賞を受賞。2003年に紫綬褒章、10年に旭日小綬章を受章。18年には『ゴルゴ13』連載50年、20年には画業65年を迎えた。

このニュースに関するつぶやき

  • 「もう一度抱いてほしい」と懇願する女に「二度抱きたい女はそうザラにはいない」と告げるゴルゴに憧れ、俺も同じ事言ってみたいのだが、そもそも一回目が無いんだよ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定