相葉雅紀、父親役演じた『“それ”がいる森』撮影裏で見せた後輩思いな一面

0

2022年09月29日 11:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真

相葉雅紀が主演し、松本穂香と出演する映画『“それ”がいる森』が9月30日に全国公開を迎える。


不朽の名作『リング』をはじめ、ジャパニーズ・ホラーの界の名匠として知られる中田秀夫監督が手掛ける同作は、不可解な怪奇現象が多発するという実在の森を舞台に、数々の“それ”を見たという目撃情報をベースに描かれる、新時代のホラーエンターテインメント。中田監督曰く “アクティブホラー”ともいえる本作で、相葉がホラー映画に初めて挑む。


ホラーは得意ではないとしながらも、本作に爽快さも覚えたという相葉、ホラーが好きで、それを裏付けるたしかな演技力を発揮した松本、『リング』の貞子とはまた違った、新たな脅威“それ”を生み出した中田監督の3人に、作品の魅力や撮影の裏話、それぞれにとっての“怖いもの”についてなど、様々なテーマで語ってもらった。

『“それ”がいる森』は“アクティブホラー”「どの年代の方でも楽しめる映画」


──まずは皆様が思う本作の魅力を聞かせてください。


相葉:いわゆる“Jホラー”とはまた違うというか。僕は見終わった後にすごく爽快な気分になれました。内容をわかっていてちゃんとドキドキしたり驚かされたりするという、ホラーな部分がしっかりとありながらも、家族の温かい物語も感じられるような作品だと思います。

松本:タイトルを見た時に、映画を見る方は「“それ”ってなんだろう」と想像すると思うんです。そこへいい意味で「そう来るか」みたいな面白さがあると思います。思わずニヤニヤしてしまうような部分もあったので、きっとどの年代の方でも楽しめる映画になっているんじゃないかなと思います。

中田監督:Jホラーというものを僕はかれこれ30年弱ぐらいやってきましたが、例えば、思いを残して死んでいった亡霊というと、貞子のようにテレビの画面にフッと映っているというような感じで、静かに佇んでいる幽霊が基本だったんです。それだと人間側はどうしようもないわけです。でも今回は“どうしようもある”というか。相葉くん演じる淳一だったらお子さん、松本さん演じる絵里だったら自分が受け持っているクラスの子たちを必死で守る、あるいはちょっと反撃もしちゃうみたいな、そういうアクティブホラーな要素を入れました。向こうもアクティブにやってくるが、こっちもアクティブにやらないととんでもないことになるという。ジメッとしたホラーではないところが魅力かもしれないです。


──相葉さん、松本さんはそれぞれ、中田監督作品への出演が決まった時にはどんなお気持ちでしたか。


相葉:中田監督の手掛ける作品に参加させていただけるのは、すごく嬉しかったですね。僕はホラーがそこまで得意な方ではないんですが、この映画の「アクティブホラー」というのは好きなジャンルです。


松本:私はホラーが好きなので「中田監督のホラーで声を掛けていただけるなんて」という驚きと嬉しさがありました。

中田監督が目撃 「後輩思いの相葉雅紀」「松本穂香の抜群の演技力」


──中田監督から見た、相葉さんとホラーとの相性はどう感じましたか。


中田監督:もちろん、すごく良かったです。子役の上原剣心くんが映像の仕事は初めてだったので、助監督を相手にリハーサルをやろうとしていたんです。そうしたら相葉さんが、ものすごくお忙しいにも関わらず、ほぼ毎回来てくださって。それも1回30分だけとかいうのではなく、3時間とか4時間とか、ずっと付き合ってくださったんです。それは作品のためでもあるし、役の理解のためでもあったとは思うんですけど、新人で息子役である上原剣心くんを映画の中の重要なキャラクターとして入らなきゃだめだという、後輩思いの相葉くんを僕はすごく感じました。

――相葉さんはそれはどういう思いで?


相葉:僕が淳一という役を掴みたいということもあったし、剣心くんが映像のお芝居はまだ経験がないと聞いていたということもあって、出来る限りリハーサルに行くようにはしていました。設定上、訳あって息子とは一緒に暮らしていないところから始まったので、淳一にとっても父親としての成長物語になるんです。徐々に父親としての責任感が芽生えていくという意味では、演じやすい面もありました。


──中田監督から見た松本さんはいかがでしょうか。


中田監督:松本さんがホラーファンだということは僕は全く知らなくて。作品の撮影が終わった後、最近のつぶやきかなにかで知ったんです(笑)。でもたしかにそれを裏付けるものはあったと思います。松本さんが間近で“それ”を見てしまうシーンでは、松本さんは振り返り方から目の見張り方まで、抜群に素晴らしかったんです。僕は普段、あまり連発はしないんですけど思わず「上手い!」と言いましたね。非常に上手かった。

相葉雅紀&松本穂香&中田監督の怖いもの


──お三方にとって怖いものとはどんなものでしょうか。


相葉:雷が怖いんですよ、本当に怖い。音と光と。落ちてきたらどうすんのって思います。

松本:私、怖いものは好きなんですけど、すごく怖がりなんです。ホラーが好きでよく見るんですけど、それが脳内に残っちゃって、日常生活に支障をきたすみたいなことはあります。霊感は一切ないんですけど、お化け系は怖いですね。でもホラーは見たいんです。だから、どっちをとるかみたいな(笑)。


中田監督:僕は動物全般。この前、別の作品の撮影が終わった後に、ジャケットにムカデみたいなものがついていたんですよ。「うわー!ムカデ!?なんだ!?」ってジャケットを脱いで振り落としたら、一緒にいた助監督が「これミヤマクワガタじゃないですか」って。男の子が大好きな、すごく綺麗なクワガタ。かなり弱っていて、かわいそうなことをしました。そういう不意打ちは怖いですね。

3人の「最近爽快だったこと」&「新たにチャレンジしたい“未知なこと”」


──本作はアクティブホラーで、爽快な気分にもなれるとのことですが、皆さんが最近爽快だった出来事を教えてください。


相葉:ゴルフですかね。時間がある時に行くんです。暑いのでそんなに長居はしないですけどね。朝早めにスタートして、午後1時くらいにはもう帰ってくるので、帰ってきてからもまた時間を使えると思うとすごく爽快です。早起きしてよかったなって。

松本:私は爽快とまではいかないかもしれないんですけど、ワンコを飼っているので、朝早くにワンコと公園まで散歩をすること。癒しに近いですが「やっぱり早朝っていいな」と思います。得した気分になったりもしますし。朝早い撮影とかも、午前中の内に終わったりすると“仕事をやった感”もあるし、その後も時間があることが嬉しい。


中田監督:僕はシェイプアップのためにジムにまあまあ行くんですけど、筋トレをゆっくりやっていると、気分がゆっくりと上がっていくんです。そうするとネガティブな気持ちをひっくり返すことができるんですよね。


──今作が未知の恐怖との遭遇を描いているということで、皆さんが年内に新たにチャレンジしたい“未知なこと”があったら聞かせてください。


相葉:これから暑さもやわらいでくると思うので、サーフィンなんてやりたいですね。最近、撮影でやったことがあるんですが、すごく面白かった。ただ、海の近くに住んでいるわけではないから、行くのに時間がかかるとなると、なかなか難しいんですよね。だから、たまに行って楽しむ程度で。

松本:私は1人旅をまだしたことがないので、行ってみたいなと思っています。これから温泉の季節になってくるので、温泉とかいいですね。


中田監督:僕はコロナ禍の始めのほうに近所を散歩したりしていたんですが、それに飽きちゃって。同じ道を通るのが嫌で、ちょっとずつ違う道を通るようにしているんです。「こんなところにこんな草花が」と写真を撮ったりするんですが、そういう未知は嫌いじゃないですね。頭の体操にもなりますし。


取材:ドワンゴジェイピーnews編集部





    ニュース設定