「ラー」「ハン」「チャー」などの“具材カード”を出して中華料理を完成させろ! ボドゲ「音速飯店」が面白そう

0

2022年09月29日 11:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

中華料理の名前を作っていくカードゲーム

 「ラー」や「ハン」などの文字が記載された「具材カード」を出して、「ラーメン」や「タンタンメン」など中華料理の名前を完成させるカードゲーム「音速飯店」が面白そうだと話題です。紹介動画のツイートは、記事執筆時点で約4万5000件のいいねを集めています。



【動画】遊んでいる様子を見る



 「音速飯店」は、ボードゲーム販売専門店すごろくやさん制作のカードゲーム。瞬発力が重要なゲーム性で、紹介動画ではたたみ掛けるようにして「テンシンハン」「シオラーメン」などの中華料理の名前が完成していきます。まるで中華料理店の厨房のような白熱ぶりです。



 ルールは簡単で、プレイヤーは「ラー」や「タン」といった具材カードを持ち、場のカードに合わせて手札のカードを出し、中華料理名を完成させていきます。「UNO」とトランプの「スピード」を掛け合わせたようなゲームスタイルで、例えば直前に出されたカードが「ラー」であれば、「メン」のカードを出すことで「ラーメン」を作ることが可能です。瞬発力を駆使して、さまざまな組み合わせの料理を完成させながら、最初にカードを使い切った人が勝ちとなります。



 Twitterには「子どもとも遊べるぞ」「こういうのシンプルで楽しそう」など期待の声が寄せられています。販売価格は1320円で10月29日に発売予定です。



画像引用:すごろくやさん


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定