Fire TVシリーズ最上位「Fire TV Cube」が10月27日にモデルチェンジ HDMI入力端子(超解像対応)付き

0

2022年09月29日 11:12  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

Fire TV Cube(第3世代)

 アマゾンジャパン(Amazon)は10月27日、ストリーミングメディアプレーヤー「Fire TV Cube」の第3世代モデルを発売する。Amazon.co.jpでの税込み販売価格は1万9980円で、9月29日から販売予約を受け付けている。



【その他の画像】



●Fire TV Cube(第3世代)の概要



 Fire TV Cube(第3世代)は「Fire TVシリーズ史上最速の操作感を実現」したとしており、8コアCPUを統合したプロセッサによって、処理速度は第2世代から最大20%向上したという。また、より快適にストリーミングを楽しめるようにすべく、無線LANをWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)に対応とした。メインメモリ(2GB)とストレージ(16GB)の容量は据え置かれている。



 ポート類はHDMI入力端子、HDMI出力端子、赤外線端子(※1)、USB Type-A端子と有線LAN端子を備えている。従来世代になかったHDMI入力端子は、ビデオプレーヤー/レコーダーやゲーム機との接続を、USB端子はWebカメラやUSBストレージデバイスの接続を想定しているという。有線LAN端子も搭載されたので、無線LANのない環境でも“オプションなし”で有線接続できるようになった。



 なお、HDMIケーブルは別売だが、Amazon.co.jpで購入する場合は税込み500円プラスで追加できる。



(※1)オプションの「赤外線延長ケーブル」(税込み1780円)を接続する場合に使います(第1世代/第2世代と共用です)



 Fire TV Cubeは音声エージェント「Amazon Alexa」対応のスマートスピーカーとしても使えることが特徴だが、新モデルではスピーカーの音質を向上した他、スピーカー回りをファブリック素材とすることで外観の高級感を高めている。USB Type-A端子にWebカメラをつなげば、Alexa対応のスマートディスプレイとのビデオ通話も行える。Ringブランドのセキュリティカメラ/スマートドアベルの映像確認も可能だ。



 HDMI出力は、従来モデルと同様に4K HDR出力(Dolby Atmos/HDR10+/HLG対応)が行える他、HDコンテンツの超解像/アップスケール表示にも対応した。この超解像/アップスケール表示はHDMI入力の映像ソースにも適用できるという。



 また、スマートスピーカー「Amazon Echoシリーズ」(一部モデル)をFire TV Cubeのスピーカーとして使うことでホームシアターを構築する可能も備えている。先述のHDMI出力はARC/eARCにも対応しており、Fire TV CubeにつないだTVの音声をEchoシリーズに転送することもできる。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定