THE RAMPAGE川村壱馬「今はちょっとやそっとじゃブレない」 『VOGUE GIRL』で本音トーク

0

2022年09月29日 13:50  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『VOGUE GIRL』に登場する川村壱馬
ダンス&ボーカルグループ・THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの川村壱馬が、WEBマガジン『VOGUE GIRL』に登場し、グループやソロでの活動、映画『HiGH&LOW THE WORST X』について語った。

【写真】色気溢れる姿を披露するTHE RAMPAGE・川村壱馬

 川村は、『VOGUE GIRL』内の連載「BOY FRIEND」でストレス発散方法や寂しくなったときの対処法、10年後になりたい姿などを語った。プライベートトークも満載で、謙きょで夢に向かって努力し続ける川村の飾らない魅力が明らかになる。

 今の仕事について「ちゃんと目指そうと思ったのは中学の終わりの夏ぐらいだったと思います。いや、中3になったくらいかな。もちろん、きっかけはEXILEさんでした。興味があったというか、将来こういう環境にいることは、なんとなく自分の中で想像がついたんです」と回顧。「物心ついたときから、ドラマとかそういうものを見て『俺、将来はこういうのに出ている』っていう確信があったというか、知っていた感覚でした。不思議なんですけど」と打ち明けた。

 デビュー前の活動を振り返り、「もちろんいい経験もあったんですけど、なかなか理不尽に感じることも多くあって。唯一辞めようと思ったことがありました」と告白。「でも、辞めようと思ったときに踏ん張れたのは母親の存在でした。7年くらい厳しい状況だったんですが、それでも頑張ってこれたのは同じ思いを共有してきたメンバーの存在もあります。僕たちへの風当たりも強かった時期を一緒に乗り越えてきたんで、今はちょっとやそっとじゃブレないですね」と周囲の人への感謝を語った。

 映画『HiGH&LOW THE WORST X』で主人公の花岡楓士雄を演じる川村は「今回新参戦した豪華キャストは見どころのひとつですし、薄っぺらくない友情、青春物語です。大人ではない設定が、ドロドロしすぎていなくて、ストレートに気持ちよく見れるような友情物語」とアピール。「コロナ禍での撮影でしたが、アクションもめちゃくちゃすごいですし、すばらしい出来になっていると思います」と自信を見せた。

 さらに、「HIROさんがよく『謙虚に』っておっしゃるんです。『日本のスーパースターは謙きょでいるのが絶対かっこいいと思う』って」と好きな言葉を明かし、「海外だとスターのあり方もいろいろとあって、人によっては尖っていてかっこいいとか。確かにそういうのもあるけれど、日本でスーパースターになるんだったら、日本人としての誇りを持つという意味で、謙きょであり続けること。それをずっと覚えているわけじゃないし、常に考えているわけじゃないんですけど。心に残っている言葉です」と説明した。

 また、川村は「寂しくなるときはその気持ちを素直に表現します」といい「例えば、友達には『もう帰っちゃうの?』みたいに言っちゃったり」とかわいらしい一面も見せた。
    ニュース設定