ミラン、FWレオンとの契約延長オファーを準備…年俸約8億円でボーナス付帯か

0

2022年09月29日 16:56  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

ミランはFWラファエル・レオンと新契約締結に至るのだろうか [写真]=Getty Images
ミランは、同クラブに所属するポルトガル代表FWラファエル・レオンとの契約延長に向けて動いているようだ。28日、イタリアメディア『フットボールイタリア』が伝えている。

 現在23歳のラファエル・レオンはスポルティングの下部組織出身で、2018年にトップチームデビューを飾った。その後、リールでのプレーを経て、2019年にミランへと加入。今シーズンで在籍4年目を迎え、これまでに公式戦通算123試合に出場し32得点を記録している。また、昨シーズンはミランを11年ぶりのセリエA優勝に導き、同リーグ最優秀選手賞を受賞した。

 かねてから、2024年6月30日に現行契約が満了を迎えるラファエル・レオンの退団を阻止すべく、ミランは新契約締結に向けて動いてきた。昨シーズン中にミランは、年俸400万ユーロ(約5億6000万円)のオファーで同選手と契約延長に近づいていたことを『フットボールイタリア』が明らかにした。

 その一方で、レアル・マドリードやマンチェスター・Cなどを筆頭に欧州ビッグクラブからの関心が報じられているラファエル・レオン。『フットボールイタリア』によると、選手側は当初の年俸400万ユーロから700万ユーロ(約10億円)程度への引き上げを要求しているという。

 そして、ミラン側は年俸600万ユーロ(約8億3000万円)に加えて、ボーナスが付帯するオファーを準備しているようだ。このオファーが実現すれば、年俸+ボーナスで700万ユーロの大台に到達することも併せて伝えている。

 ここ数年、MFフランク・ケシエ(バルセロナ)やMFハカン・チャルハノール(インテル)などといった主力選手のフリーでの退団を許しているミラン。同じような状況を避けるため、早急に動いているミランだが果たして、ラファエル・レオンと新契約締結に至ることはできるのだろうか。
    ニュース設定