元自衛官・五ノ井里奈さんに防衛省が“性加害”認め謝罪 「加害者が直接謝ってしてほしい」

14

2022年09月29日 20:55  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

五ノ井里奈さん(左)に謝罪する防衛省幹部(撮影/岩下明日香)
訓練中に性被害を受けたとして調査を求めていた元陸上自衛官の五ノ井里奈さん(23)に対して、防衛省は29日、複数の男性による五ノ井さんへのセクハラ行為があったことを認め、本人を前に謝罪会見を開いた。この件で防衛省が公にセクハラを認めるのは初めて。五ノ井さんは、福島県の郡山駐屯地に所属していた昨年8月、上官だった一曹と二曹の指示を受けた三曹の男性隊員3人から、首に両手を当てて押し倒すような技をかけられ、衣服越しに繰り返し陰部を押し当てられるなどの性被害を受けたと訴えていた。防衛省幹部は「長らく苦痛を受けられた五ノ井様に対し、深く謝罪し、おわびを申し上げる」と五ノ井さんに謝罪した。


【写真】陸上自衛隊時代の五ノ井さんはこちら
*  *  *
 五ノ井さんは、今年6月末に自衛隊を退職し、YouTubeやSNSなどを通じて被害を訴えてきた。8月末には防衛省を訪れ、第三者委員会による公正な再調査を求めるオンライン署名約10万5千筆と自衛隊内のハラスメント事例を集めたアンケートなどを提出。これを受け、9月6日に浜田靖一防衛相は、現役隊員を対象にハラスメントの実態を調べる「特別防衛監察」を実施すると発表した。そうした中で、今回、防衛省は自衛隊の内部調査の結果をやっと公表し、複数のセクハラ行為があったことを認めた。


 内部調査から、防衛省が事実として認めたハラスメント行為は以下の4つ。


・所属部隊において、性的な発言や接触が日常的に行われていたこと
・2020年秋に警衛所において隊員が性的な身体的接触を行ったこと
・21年6月、演習場における野営において、隊員が身体的な接触や発言を行ったこと
・21年8月、演習場の宿泊施設において、隊員が五ノ井さんを押し倒して性的な身体接触を行い、口止めを行ったこと


 また、21年8月に受けた被害について、五ノ井さんが中隊長に報告したにもかかわらず、大隊長に報告を上げていなかったことや、事実関係の調査をしていなかったことも認めた。




 今後の対応について、防衛省の町田一仁人事教育局長と陸上幕僚監部の藤岡史生人事教育部長は「関係者の行った対応や職責を勘案して、懲戒処分の手続きを進める」と話した。さらに、有識者会議を設けて抜本的な見直しをする方針も示した。


 防衛省から正式に謝罪を受けた五ノ井さんは、言葉を詰まらせ、涙をこらえながら、こう胸中を述べた。


「今になって認められたことは……遅いと思っています。防衛省の方々からの謝罪はもちろんですが、私に直接セクハラをしてきた人たちが、面と向かって謝罪に来てほしいと思っています。今後、このようなことが二度とないように根本的な改善をしてほしいです。まだ、すべてが解決したわけではありません。加害者から直接謝罪を受けるまで、前を向いて取り組んでいきたいです」


 五ノ井さんは、三曹の男性隊員3人から受けた性被害を「強制わいせつ罪」として警務隊に被害届を提出していたが、今年の5月月31日付で男性隊員らは不起訴処分になった。これに対して五ノ井さんが検察審査会に不服申し立てをした結果、9月7日付で「不起訴不当」と判断され、検察による再捜査が行われることになっている。防衛省が正式に性加害を認めた今、検察による再捜査のゆくえにも注目が集まる。


 性被害を受けて以降、五ノ井さんは一貫して当該の男性隊員からの誠意ある「謝罪」を求めてきた。会見後、記者団の取材に対して「(加害者の)男性隊員から謝罪したいという意思があることは、(自衛隊側から)伝えられています」と打ち明けた。五ノ井さんとしては、謝罪を受けたうえで、話し合いをしたいという。


 きょう、9月29日は五ノ井さんの23歳の誕生日だった。被害から約1年、求め続けていた「謝罪」のひとつをやっと受けることができた。(AERA dot.編集部 岩下明日香)


このニュースに関するつぶやき

  • 男社会にハタチの女がいたら、男は気が狂いそうだな。ちゃんと隊の外に慰安婦を用意しとらんかったのか。
    • イイネ!2
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(12件)

前日のランキングへ

ニュース設定