米ラッパーのクーリオが友人宅で死去、追悼の声続々

1

2022年09月30日 03:00  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真
ラッパーのクーリオが死去した。59歳だった。長年マネージャーを務めたジャレズ・ポージーによると、9月28日、米ロサンゼルスの友人宅で亡くなっているのが発見されたという。

同日午後4時ごろに救急隊員がかけつけたものの、その後死亡を確認、警察の捜査でドラッグや関連の器具などは発見されなかったと米ゴシップサイト・TMZが伝えている。

クーリオのマネージャーによると、現場の救急隊員らはバスルームで心停止を起こした疑いを持っていたという。現在死因の調査が開始されたが、犯罪の疑いはないことが確認されている。

クーリオこと本名アーティス・レオン・アイビー・ジュニアは、1963年、米ペンシルベニア州生まれ。コミュニティカレッジを終え消防士となり、その後空港の警備業務に就く。1980年代に音楽にシフトし、1987年にデビューシングル「ワチャ・ゴナ・ドゥー?」をリリース、その後WC マッド・サークルの一員としてブレイクを果たした。ちなみに同グループのDJクレイジー・トゥーンズは、2017年に心臓発作により45歳で他界している。

そして1990年代半ばに、クーリオは「ギャングスタズ・パラダイス」で世界的な知名度を獲得。スティーヴィー・ワンダーの「楽園の彼方へ」をサンプリングした同曲は、米ビルボードで3週にわたりトップに君臨し、グラミー賞で最優秀ソロ・ラップ・パフォ―マンス賞を受賞した。

他にも「ファンタスティック・ヴォヤージュ」といったヒット曲で知られるクーリオは、8枚のソロアルバムを発表。2009年の「フロム・ザ・ボトム・トゥ・ザ・トップ」が最後の作品となった。

また、1990年代に放送されたニコロデオンのシットコム「キーナン&ケル」のテーマ曲「アウ、ヒア・イット・ゴーズ!」でも知られており、音楽業以外ではシェフとして自身のサイトで「クッキンwithクーリオ」を展開。2009年のリアリティ番組「セレブリティ・ビッグ・ブラザー」を含め多数の映画やTV番組にも出演していた。

今回の突然の訃報には、「ギャングスタズ・パラダイス」が使われた1995年の映画「デンジャラス・マインド/卒業の日まで」に主演したミシェル・ファイファーを始め、ラッパーのヴァニラ・アイス、アイス・キューブ、MCハマー、スヌープ・ドッグ、デンゼル・カリーら多くの著名人が追悼の言葉を贈っている。


元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20220974583.html


このニュースに関するつぶやき

  • COOLIOさん、料理も得意やったんやね(´ω` )
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングエンタメ

前日のランキングへ

ニュース設定