東野圭吾『沈黙のパレード』、1年ぶりに「文庫ランキング」1位返り咲き 福山雅治主演映画が話題【オリコンランキング】

4

2022年09月30日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

東野圭吾『沈黙のパレード』(文藝春秋)書影
東野圭吾『沈黙のパレード』(文藝春秋)が、週間2.1万部を売り上げ、9月30日発表の最新「オリコン週間文庫ランキング」で2021/10/11付以来1年ぶりの1位返り咲きとなった。

【写真】『ガリレオ』シリーズ最新作の主題歌も披露!『SONGS』初登場のKOH+

 文庫版となる本作『沈黙のパレード』は、昨年2021/9/13付で1位に初ランクインし、2021/10/11付まで5週連続1位を獲得。その後も、初ランクインから最新2022/10/3付まで56週連続でTOP100入りを続けており、この度1年ぶりとなる1位返り咲きを果たした。現在の累積売上部数は63.0万部。

 なお、東野圭吾『沈黙のパレード』が原作となる、映画『沈黙のパレード』は現在公開中。また、9年振りに再始動したKOH+の「ヒトツボシ」は同作の主題歌となっており、同日付「オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング」で2週連続1位を獲得している。

「オリコン週間“本”ランキング」は「2008/4/7付」よりスタート

<クレジット:オリコン調べ 2022/10/3付:集計期間:2022年9月19日〜9月25日>

このニュースに関するつぶやき

  • やはり映像化は作家にとって、嬉しいものがあるのでしょうね(^^)。映画を鑑賞した人が原作を購入。プラスの循環ですよ!
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定